ジャワクマタカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャワクマタカ
ジャワクマタカ
ジャワクマタカ Nisaetus bartelsi
保全状況評価[1][2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: クマタカ属 Nisaetus
: ジャワクマタカ N. bartelsi
学名
Nisaetus bartelsi
(Stresemann, 1924)[2]
シノニム

Spizaetus bartelsi[3][4]

和名
ジャワクマタカ[4]
英名
Javan hawk-eagle[3][4]

ジャワクマタカNisaetus bartelsi)は、タカ目タカ科クマタカ属に分類される鳥類。

分布[編集]

インドネシアジャワ島[3][4]固有種

形態[編集]

全長56 - 61センチメートル[4]。上面や翼・尾羽は濃褐色、下面は淡褐色。後頭には黒褐色の冠羽が発達する[4]。嘴の基部から頸部へ向かう斑紋(顎線)は黒褐色[4]。喉から胸部は濃褐色の縦縞、体側面や腹部・尾羽基部を被う羽毛(下尾筒)・人間でいう足の甲(ふ蹠)を覆う羽毛には褐色の横縞が入る[4]

虹彩は黄色[4]。嘴は黒い[4]

卵は長径60 - 69.9ミリメートル、短径42 - 53.8ミリメートル[3]。幼鳥は全身が橙色で、冠羽もあまり発達しない[4]。翼の羽毛の外縁(羽縁)が淡褐色で、腹部などには横縞が入らない[4]。虹彩は灰褐色[4]

分類[編集]

以前は旧クマタカ属Spixaetusに分類されていたが、2007年にミトコンドリアDNAのシトクロムb制御領域の分子系統推定から本種やクマタカを含む東アジアから東南アジアに分布する構成種をクマタカ属Nisaetusへ分割する説が提唱された[5]

生態[編集]

標高200 - 1200メートルの低山地にある熱帯雨林に生息する[4]

クマネズミ属ハイガシラリス属Callosciurusなどの齧歯類コウモリ類コモンツパイTupaia glisなどのツパイ科エボニィリーフモンキーTrachypithecus auratusカニクイザルの幼獣・スカンクアナグマMydaus javanensisジャワマメジカTragulus javanicusマレーヒヨケザルなどの哺乳類ジャワミヤマテッケイArborophila javanica・ガマグチヨタカ類Batrachostomus javensisミフウズラアオゲラ属Picusキジバト属Streptopeliaシロガシラ属Pycnonotusなどの鳥類、ヘビ・アガマ科トカゲ科などの爬虫類を食べた例がある[3]

繁殖様式は卵生。周年繁殖するとされるが、主に1 - 7月に繁殖する[3]。斜面にある常緑樹の大木に巣を作る[4]。1回に1個の卵を産む[4]。抱卵期間は47 - 48日[3]。雛は孵化してから60 - 70日で巣立つとされる[3][4]

人間との関係[編集]

本種の形態がインドの神話に登場する鳥であるガルダに似ているとして、1993年にインドネシアの国鳥に指定されている[3][4]

開発による生息地の分断・破壊、ペット用や剥製用の乱獲などにより生息数は激減している[4]。インドネシア政府と国際的・生息地のNGOによる保護活動、日本と生息地の研究者による合同調査などが進められている[4]

画像[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<http://www.cites.org/>(accessed July 20, 2016)
  2. ^ a b BirdLife International. 2012. Nisaetus bartelsi. The IUCN Red List of Threatened Species 2012: e.T22696165A38037575. http://dx.doi.org/10.2305/IUCN.UK.2012-1.RLTS.T22696165A38037575.en. Downloaded on 20 July 2016.
  3. ^ a b c d e f g h i Dewi M. Prawiradilaga, "Ecology and conservation of endangered Javan Hawk-eagle Spizaetus bartelsi," Ornithological Science, Volume 5, Number 2, The Ornithological Society of Japan, 2006, pp. 177-186.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 高木武 「ジャワクマタカ」『レッド・データ・アニマルズ5 東南アジアの島々』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、152-153頁。
  5. ^ E. Haring, K. Kvaloy, J.-O. Gjershaug, N. Rov, and A. Gamauf, "Convergent evolution and paraphyly of the hawk-eagles of the genus Spizaetus (Aves, Accipitridae) ? phylogenetic analyses based on mitochondrial markers," Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research, Volume 45, Issue 4, 2007, pp. 353?365.

関連項目[編集]