ジャロッド・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャロッド・パーカー
Jarrod Parker
Jarrod Parker on August 24, 2013.jpg
アスレチックスでの現役時代(2013年8月24日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州フォートウェイン
生年月日 (1988-11-24) 1988年11月24日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 MLBドラフト1巡目
初出場 2011年9月27日
最終出場 2013年9月28日
年俸 $850,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャロッド・ブレント・パーカーJarrod Brent Parker, 1988年11月24日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州フォートウェイン出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入りとダイヤモンドバックス時代[編集]

2007年MLBドラフト1巡目(全体9位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名され、8月15日に契約金210万ドルで契約。ジョージア工科大学への進学という選択肢もあっただけにドラフトの契約期限の数時間前の駆け込み契約となった。

2008年シーズンはルーキー級、A-級を経ずにいきなりA級サウスベンド・シルバーホークス英語版でプロデビューし、24試合に先発登板して12勝5敗・防御率3.44・117奪三振の好成績を残した。

2009年は前年の好成績からA+級バイセイリア・ローハイド英語版で開幕を迎えるが、その後すぐにAA級モービル・ベイベアーズへと昇格。しかし、7月30日の登板で右肘に痛みが走り、トミー・ジョン手術を受け、残りのシーズンと2010年は全休となった。

2011年はAA級モービルにて11勝8敗の成績を残し、9月27日ロサンゼルス・ドジャース戦でメジャー初登板。5.2回を投げて被安打4無失点に抑えるも打線の援護がなかったため白星はつかなかった。また「ベースボール・アメリカ」誌の有望株ランキングにおいて、マイナー全体で40位の評価を受けた[2]

アスレチックス時代[編集]

2011年12月9日トレバー・ケーヒルクレイグ・ブレスロウとの2対3のトレードで、コリン・カウギルライアン・クックと共にオークランド・アスレチックスへ移籍した[3]

2012年は開幕は傘下のAAA級サクラメント・リバーキャッツで迎えるも4月の終わりから昇格し、先発ローテーションに加わる。6月4日テキサス・レンジャーズ戦では7回を終わって被安打0とあわやノーヒットノーランの好投を見せる(8回にマイケル・ヤングにヒットを打たれ8回を被安打1で降板)。その後、シーズン終了まで先発ローテを守り通し勝利数は1位タイ、防御率と奪三振はトップと、同じルーキーのトム・ミローンと共に先発投手陣の柱となった。また、デトロイト・タイガースとのディビジョンシリーズでもルーキーにして第1戦に先発。これは球団史上初めてのことであり、23歳と317日でのプレーオフ第1戦先発はヴァイダ・ブルー1971年リーグチャンピオンシップシリーズに先発)に次ぐ球団二番目の若さであった。結局、先発した第1戦、第5戦共に相手エースのジャスティン・バーランダーに投げ負け、チームも敗退したが実りの多いシーズンとなった。

2013年は32試合に先発登板して12勝8敗・防御率3.97・134奪三振の成績を残した。

2014年開幕投手に指名されたものの、自身二度目のトミー・ジョン手術を3月25日に行い、シーズンを全休することが3月17日に発表された[4]3月20日に60日間の故障者リスト入りした[5]

2015年もメジャーのマウンドに登る機会はなかった。マイナー(A+級ストックトン・ポーツ英語版、AAA級ナッシュビル・サウンズ[6])では4試合に投げたが、2ランク合わせて防御率5.79と炎上した。だが、勝ち運には恵まれて計2勝1敗と勝ち越した。

2016年3月11日、右上腕骨内上顆骨折のため60日間の故障者リスト入りした[7]。同年もメジャーの登板はなく10月7日に40人枠から外れてAAA級ナッシュビルに配属され、同日FAとなった[8]

2017年はどの球団にも所属せす、2018年2月13日に引退を表明した[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 ARI 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 5.2 4 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.88
2012 OAK 29 29 0 0 0 13 8 0 0 .619 751 181.1 166 11 63 3 3 140 10 0 71 70 3.47 1.26
2013 32 32 1 0 0 12 8 0 0 .600 818 197.0 178 25 63 2 7 134 7 0 92 87 3.97 1.22
MLB:3年 62 62 1 0 0 25 16 0 0 .610 1591 284.0 348 36 127 5 10 275 17 0 163 157 3.68 1.24

背番号[編集]

  • 56(2011年)
  • 11(2012年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ Jarrod Parker Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年10月13日閲覧。
  2. ^ "Midseason Top 50 Prospects List" Baseball America.com(英語). 2011年7月7日閲覧
  3. ^ Steve Gilbert (2011年12月9日). “D-backs pick up Cahill, Breslow from A's” (英語). MLB.com. 2016年3月14日閲覧。
  4. ^ “Jarrod Parker to undergo right elbow surgery” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2014年3月17日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/69506898 2014年3月19日閲覧。 
  5. ^ “A's claim OF Matthes from Colorado; Place RHP Parker on 60-Day DL” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2014年3月20日), http://m.mlb.com/news/article/69726822 2016年3月14日閲覧。 
  6. ^ 2015年よりアスレチックス傘下
  7. ^ Doug Miller (2016年3月11日). “MRI shows fractured bone in Parker's elbow” (英語). MLB.com. 2016年3月14日閲覧。
  8. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年10月13日閲覧。
  9. ^ Susan Slusser (2018年2月13日). “Ex-A’s right-hander Jarrod Parker retires after career derailed by injuries” (英語). San Francisco Chronicle. 2018年2月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]