ジャマル・オスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ジャマル・オスマン
Jamal Othman
Figure skating pictogram.svg
Jamal Othman Jump 2 - 2006 Skate Canada.jpg
2006年スケートカナダでの演技
基本情報
代表国: スイスの旗 スイス
生年月日: 1986年8月13日(27歳)
出生地: スイス コノルフィンゲン郡ヴォルプ
身長: 186 cm[1]
コーチ: ジャクリーン・キーファー[1]
振付師: Michèle Colberg[1]
トム・ディクソン
Etienne Frey
元振付師: M. Kudriavtseva
A. Kapranova
Herbert Wiesinger[1], Almut Peyper[1]
所属クラブ: スケーティング・クラブ・ベルン[1]
引退: 2010年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 182.14 2007 欧州選手権
ショートプログラム: 63.71 2007 世界選手権
フリースケーティング: 121.29 2009 欧州選手権

ジャマル・アジズ・オスマンドイツ語: Jamal Aziz Othman, 1986年8月13日[1] - )は、 スイスフィギュアスケート選手(男子シングル)。トリノオリンピックスイス代表。2009年スイス選手権優勝。2004/2005 ISUジュニアグランプリブラオエンシュベルター杯優勝。

人物[編集]

1986年8月13日ベルン州ヴォルプで、小学校・体育教師の母と、シェフの父の間に生まれる。3人の兄は上からシェフ、バレーボール選手、ハンドボール選手。2005年まで4年間ギムナジウム Hofwil(スポーツハイスクール)で学び、2006年秋からベルン大学で法律を学んでいる[2]ドイツ語フランス語英語イタリア語を話す[3]。大柄な体をいかしたスパイラルが持ち味[3]

経歴[編集]

6歳のとき、ジャクリーン・キーファーのもとでスケートを始める[3]。師弟関係は引退するまで続いた。

1998-99年シーズン、スイス選手権ノービスクラスで優勝。2000-01年シーズンからはスイス選手権ジュニアクラスで2連覇。ISUジュニアグランプリファイナルに2季、世界ジュニア選手権には4度出場した。

2005-06年シーズンから2008-09年シーズンまでISUグランプリシリーズに参戦、2009-10年シーズンまで世界フィギュアスケート選手権スイス代表となった。

2005-06年シーズンにはスイス選手権シニアクラスで2位、トリノオリンピックではショートプログラム27位でフリースケーティングに進むことができなかった。2006-07年シーズンには欧州選手権で8位と健闘。2008-09年シーズンには第一人者ステファン・ランビエール不在のスイス選手権で優勝を果たした。

2010年6月に競技引退を発表。父の祖国マレーシアで勉学とフィギュアスケートコーチをしたいと述べている。[4]

オスマンのハーフ・ビールマンスピン

主な戦績[編集]

2005-2006年シーズン以降[編集]

大会/年 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10
オリンピック 27
世界選手権 28 18 22 26 22
欧州選手権 21 8 12
スイス選手権 2 2 3 1 2
GPNHK杯 12
GP中国杯 8
GPスケートカナダ 11 9 10
GPエリック杯 12 11
NRW杯 8
アイスチャレンジ 6
ネペラメモリアル 3 3
冬季ユニバーシアード 9 21
エイゴンチャレンジ杯 3
ニース杯 9
フィンランディア杯 6
ネーベルホルン杯 9

2004-2005年シーズンまで[編集]

大会/年 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05
世界選手権 21
欧州選手権 11
スイス選手権 1 J 1 J 2 3 2
ネーベルホルン杯 5
クリスタルスケート 5
世界Jr.選手権 31 18 39 20
JGPファイナル 9 棄権 7
JGP B.シュベルター杯 1
JGPハルビン 2
JGPSBC杯 6
JGPバルト杯 13
JGPトラパネーゼ杯 4 3
JGPモントリオール 3
JGPハーグ 2
JGPピルエッテン 20
  • J = ジュニアクラス

詳細[編集]

2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月24日-25日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 20
57.35
22
99.06
22
156.41
2009年12月11日-12日 スイスフィギュアスケート選手権ルガーノ 2
70.13
2
129.32
2
199.45
2009年12月5日-6日 2009年NRW杯ドルトムント 8
64.40
7
121.57
8
185.97
2009年11月6日-7日 2009年オンドレイネペラメモリアルピエシュチャニ 6
58.99
4
114.12
3
173.11
2009年10月31日-11月1日 2009年アイスチャレンジグラーツ 9
64.60
4
125.14
6
189.74


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月25日-26日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 26
56.32
- 26
2009年3月6日-7日 2009年エイゴンチャレンジ杯ハーグ 4
63.75
3
127.96
3
191.71
2009年2月21日-22日 第24回冬季ユニバーシアードハルビン 22
48.12
21
89.61
21
137.73
2009年1月20日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 20
57.50
9
121.29
12
178.79
2008年12月4日-6日 スイスフィギュアスケート選手権 (ラ・ショー=ド=フォン) 1
64.52
1
121.92
1
186.44
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯 (東京) 12
55.94
11
101.96
12
157.90
2008年11月22日-23日 2008年オンドレイネペラメモリアルブラチスラヴァ 2
55.21
4
100.05
3
155.26
2008年10月15日-19日 2008年ニース杯ニース 11
51.93
8
102.06
9
153.99


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 22
57.75
22
106.27
22
164.02
2007年11月8日-11日 ISUグランプリシリーズ 中国杯ハルビン 9
55.74
5
114.53
8
170.27
2007年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベック 9
51.11
7
115.85
10
166.96
2007年10月12日-14日 2007年フィンランディア杯ヴァンター 9
51.25
4
107.55
6
158.80
2007年9月27日-29日 2007年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 15
46.16
8
105.72
9
151.88


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FP 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 18
63.71
20
114.68
18
178.39
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 11
62.82
10
119.32
8
182.14
2007年1月17日-18日 第23回冬季ユニバーシアードトリノ 10
55.61
8
114.26
9
169.87
2006年11月16日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
59.18
11
99.84
11
159.02
2006年11月2日-5日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダビクトリア 11
56.30
8
110.92
9
167.22


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FP 結果
2006年3月20日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 14
24.91
27
50.15
- 28
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ - 27
52.18
- 27
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン - 23
49.37
20
99.48
21
148.85
2005年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ - 12
43.62
11
95.66
12
139.28
2005年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョンズ - 11
43.38
11
88.26
11
131.64


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FP 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 11
27.08
21
54.89
21
104.51
21
186.48
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ - 13
54.80
11
108.68
11
163.48
2004年12月2日-5日 2004/2005 ISUジュニアグランプリファイナルヘルシンキ - 7
49.59
7
95.88
7
145.47
2004年10月7日-10日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ - 5
54.90
1
105.64
1
160.54
2004年9月16日-19日 ISUジュニアグランプリ ハルビンハルビン - 2
53.28
2
99.39
2
152.67
2004年9月2日-5日 2004年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 4
54.80
4
104.63
5
159.43


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FP 結果
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 6 21 21 20
2003年10月30日-11月2日 ISUジュニアグランプリ グダニスク杯グダニスク - 12 12 13
2003年10月16日-19日 ISUジュニアグランプリ SBC杯岡谷 - 6 6 6


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FP 結果
2003年2月24日-3月2日 2003年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オストラヴァ 20 - - 39
2002年11月22日-24日 2002年クリスタルスケートブカレスト - 3 5 5
2002年10月30日-3日 ISUジュニアグランプリ トラパネーゼ杯ミラノ - 6 2 3
2002年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール - 3 3 3

プログラム[編集]

シーズン SP FS
2009-2010 A Transylvanian Lullaby from Young Frankenstein
by John Morris
Devil's Dance
作曲:ジョン・ウィリアムズ
アストゥリアス
作曲:イサーク・アルベニス
2008-2009 Ice Queen
Raks Afrika
by Paul Dinletir
アストゥリアス
作曲:イサーク・アルベニス
2007-2008 Ice Queen
Raks Afrika
by Paul Dinletir
アルバム『ルナティコ』より
by ゴタン・プロジェクト
2006-2007 死の舞踏
作曲:カミーユ・サン=サーンス
アルバム『ルナティコ』より
by ゴタン・プロジェクト
2005-2006[1] My Affectionate and Tender Beast(ロシア映画サウンドトラック)
by Evgeni Doga
振付:Michèle Colberg, Isabel Botteri
恋は魔術師
作曲:マヌエル・デ・ファリャ
振付:Michèle Colberg, Herbert Wiesinger, Almut Peyper
2004-2005 My Affectionate and Tender Beast(ロシア映画サウンドトラック)
by Evgeni Doga
振付:Michèle Colberg, Isabel Botteri
振付:Michèle Colberg
Night Bird
ミシェル・コロンビエ
映画『エディット・エ・マルセール』サウンドトラック
作曲:フランシス・レイ
振付:Michèle Colberg, Herbert Wiesinger, Almut Peyper
2003-2004 ドンファン』サウンドトラック
作曲:マイケル・ケイマン
振付:Michèle Colberg, Almut Peyper, Herbert Wiesinger
映画『L'Ultimo Bacio』サウンドトラック
Paolo Buonino
振付:Michèle Colberg
2002-2003 映画『アンナと王様』サウンドトラック
作曲:ジョージ・フェントン
振付:Michèle Colberg
映画『L'Ultimo Bacio』サウンドトラック
Paolo Buonino
振付:Michèle Colberg

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.97
  2. ^ ジャマル・オスマン公式サイト ABOUT ME
  3. ^ a b c 斎藤貴子編『COLORS フィギュアスケート男子シングルフォトブック』あおば出版、2006年2月、p.107
  4. ^ http://www.bernerzeitung.ch/sport/weitere/Das-Beduerfnis-auf-dem-Eis-zu-laufen-ist-kleiner-geworden/story/16365187

外部リンク[編集]