ジャマイカ (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HMS ジャマイカ(1943年9月18日撮影)
艦歴
発注 1938年
起工 1939年4月28日
進水 1940年11月16日
就役 1942年6月29日
退役 1957年11月20日
その後 1960年11月14日売却
除籍
性能諸元
排水量 基準 8,770トン
満載 11,194トン
全長 169.3 m (555.5 ft)
全幅 18.9 m (62 ft)
吃水 5.0 m (16.5 ft)
機関 アドミラリティ式三胴型重油専焼水管缶 4基、パーソンズ式ギアード・タービン 4基、4軸推進、(80,000 shp)
最大速力 32,25ノット
航続距離 15ノットで6,250海里
乗員 士官、兵員907名
兵装 50口径6インチ3連装砲 4基
45口径4インチ連装砲 4基
20mm連装対空機関砲 6基
2ポンド4連装ポムポム砲 2基
21インチ3連装魚雷発射管 2基
搭載機
(後に撤去)
スーパーマリン ウォーラス2機

ジャマイカ (HMS Jamaica, 44) はイギリス海軍軽巡洋艦フィジー級。 艦名は当時イギリス領だったジャマイカ島に由来する。

艦歴[編集]

1939年4月28日、ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工。 1940年11月16日、進水。

1942年6月29日に竣工、本国艦隊に所属し、第二次世界大戦に参加。11月にはトーチ作戦を支援し、12月にはシェフィールド (HMS Sheffield, C24) と R部隊を形成してバレンツ海海戦に参加した。ロバート・L・バーネット少将はシェフィールドで指揮を執り、JW51B船団の護衛を担当した。船団はドイツ艦隊の攻撃を受けたが撃退に成功する。

1943年7~9月にはポーツマスで改装を行う。同年12月には北岬沖海戦参加し、本国艦隊司令長官ブルース・フレーザー大将指揮下戦艦デューク・オブ・ヨークとフォース2を編成し、ドイツの巡洋戦艦シャルンホルストの撃沈に参与した。

1944年2~3月にはJW57・JW58・RA58船団の護衛に参加、更に戦艦ティルピッツを攻撃する空母数隻を支援する。1945年4月に近代化改装を受け、この時X(3番)砲塔は撤去されて対空兵装増強、レーダーの新式化が行われた。同年9月には第5巡洋艦戦隊に参加し、インド洋方面へ展開する。大戦終結後の1948年8月には第8巡洋艦戦隊に参加そ、北アメリカ・西インド諸島方面へ展開した。

1950年7月には朝鮮戦争に参加し、支援砲撃や魚雷艇・ヤク戦闘機と交戦。1952年本国に帰還し予備役に置かれる。 1953~54年地中海艦隊に転属したものの、1957年11月20日に除籍。保管船となる。 1960年12月20日に解体開始され、1963年8月15日に解体が完了した。

画像[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]