ジャパンオープンボウリング選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャパンオープンボウリング選手権(Japan Open Bowling Championships)は日本ボウリング評議会(JPBABPAJJBCなどにより構成)などにより組織されるジャパンオープンボウリング選手権実行委員会が主催する日本最大規模のボウリング大会。男女合計賞金総額は1200万円(男子700万円・女子500万円)。優勝賞金は男子が150万円、女子120万円。

概要[編集]

ジャパンオープンボウリング選手権は全日本プロ選手権と並び、日本ボウリング界最高峰の大会として1977年に第1回大会をスポニチ共催で東京板橋にあったハタボウリングセンターで開催。USBCマスターズとUSBCクイーンズ日本代表選考会を兼ねて開催。テレビ中継ではテレビ朝日ビッグスポーツ』やテレビ東京ザ・スターボウリング』で中継録画されていた時期もあった。時には東京ではなく1997年には本土復帰25周年を記念して沖縄で、1999年には宮崎、2002年には北九州、2004年には北海道札幌で開催されていた。また2004年から2013年まではアメリカンボウリングサービス(ABS)がタイトルスポンサーとなって、ABSジャパンオープンボウリング選手権として開催されていた。2018年はハイ・スポーツ社が協賛し同社のブランドであるSTORMジャパンオープンボウリング選手権として開催された。

しかし建物の老朽化などからハタボウリングセンターが閉鎖され、2011年大会からは愛知県稲沢市稲沢グランドボウルで開催されるようになり、主催者も中日新聞社東海テレビ放送に変更。しかし2014年は中止となった。大会の模様は東海テレビとBSフジで1時間のダイジェスト放送される。

大会方式[編集]

大会は男女シングル、ダブル、トリオ、オールエベンツに加えて、日本一を争うマスターズ、クイーンズの10種目で行われる。マスターズ、クイーンズはオールエベンツ(シングル・ダブル・トリオの合計ピン)の上位に加えてJPBAシードプロを合わせて、マスターズは150名、クイーンズは100名が出場。マスターズ、クイーンズともに予選・準決勝合計14ゲームの上位8名がダブルエリミネーション方式のファイナルに進出。1回戦から準決勝までは2G合計ピンで、3位決定戦と優勝戦は一発勝負だが、優勝戦で勝者ゾーンが敗れた場合、再優勝戦で優勝者を決める。

歴代優勝者[編集]

※はアマチュア。

マスターズ クイーンズ
1977年 1
1978年 2 斉藤志乃ぶ
1979年 3
1980年 4 酒井武雄 杉本勝子
1981年 5
1982年 6 原田招雄 稲橋和枝
1983年 7 保倉義孝 稲橋和枝
1984年 8 山崎行夫 斉藤志乃ぶ
1985年 9
1986年 10
1987年 11 原田招雄 小山康代
1988年 12 塚原次雄 稲橋和枝
1989年 13
1990年 14 原田招雄 時本美津子
1991年 15 時本美津子
1992年 16 濱田常男※
1993年 17 長谷宏
1994年 18
1995年 19 酒井武雄 時本美津子
1996年 20 坂田重徳
1997年 21 金田恵子
1998年 22 西城正明 金田恵子
1999年 23 矢島純一 時本美津子
2000年 24 中沢奨 金田恵子
2001年 25 西城正明 吉田真由美
2002年 26 ジョン・テハ 時本美津子
2003年 27 谷口健 時本美津子
2004年 28 玉井慎一郎 川口富美恵
2005年 29 ジョン・テハ 斉藤志乃ぶ
2006年 30 青木彰彦 加藤八千代
2007年 31 山本勲 関根直子
2008年 32 山本勲 鷲塚志麻
2009年 33 高橋延明 松岡美穂子
2010年 34 川添奨太 ウェンディー・マックファーソン
2011年 35 川添奨太 佐々木菜月※
2012年 36 坂田重徳 進博美
2013年 37 高橋俊彦※ 竹川ひかる※
2015年 38 森本健太 水谷若菜※
2016年 39 永野すばる 木村真理※
2017年 40 安里秀策※ 松永裕美
2018年 41 山本勲 松永裕美

関連項目[編集]

外部サイト[編集]