ジャヌアリア・マリア・デ・ブラガンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャヌアリア・マリア・デ・ブラガンサ
Januária Maria de Bragança
Januaria of Brazil 1865.jpg
出生 (1822-03-11) 1822年3月11日
ブラジル帝国リオ・デ・ジャネイロ
死去 (1901-03-13) 1901年3月13日(79歳没)
フランスの旗 フランス共和国ニース
配偶者 アクイラ伯ルイージ・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ
子女 ルイージ
マリーア・イザベッラ
フィリッポ
マリオ
父親 ブラジル皇帝ペドロ1世
母親 マリア・レオポルディナ・デ・アウストリア
テンプレートを表示

ジャヌアリア・マリア・デ・ブラガンサJanuária Maria de Bragança, 1822年3月11日 - 1901年3月13日)は、ポルトガルの王族、またブラジルの皇族。ポルトガル王ペドロ4世でもあったブラジル皇帝ペドロ1世と、その最初の妃でオーストリア皇帝フランツ1世の娘であるマリア・レオポルディーネの間の次女。全名はジャヌアリア・マリア・ジョアナ・カルロタ・レオポルディナ・カンディーダ・フランシスカ・シャヴィエル・デ・パウラ・ミカエラ・ガブリエラ・ハファエラ・ゴンザーガ(Januária Maria Joana Carlota Leopoldina Cândida Francisca Xavier de Paula Micaela Gabriela Rafaela Gonzaga de Bragança e Áustria)。イタリア語名ジェンナーラ・ディ・ブラガンツァGennara di Braganza)。

生涯[編集]

ジャヌアリアは1836年から弟のブラジル皇帝ペドロ2世が1845年に長男アフォンソを授かるまで、ブラジル皇太子 (Princesa Imperial do Brasilの地位にあった。ジャヌアリアには姉のポルトガル女王マリア2世がいたが、マリア2世はポルトガル王位継承後はブラジルの帝位継承者と見なされなくなったため、ジャヌアリアが暫定的な帝位継承者とされたのである。

ジャヌアリアは1844年4月28日、リオ・デ・ジャネイロ両シチリア王フランチェスコ1世の息子の1人、アクイラ伯爵ルイージと結婚し、間に三男一女をもうけた。

  • ルイージ(1845年 - 1909年) - Maria Amelia Bellow-Hamelと貴賤結婚
  • マリーア・イザベッラ(1846年 - 1859年)
  • フィリッポ(1847年 - 1922年) - Flora Boonenと貴賤結婚
  • マリオ(1851年)
アクイラ伯爵夫人ジャヌアリア・マリア、1859年