ジャック=ローラン・アガセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
'ジャック=ローラン・アガセ(馬といる自画像)

ジャック=ローラン・アガセ(Jacques-Laurent Agasse、1767年4月24日 - 1849年12月27日)はスイス生まれで、イギリスで活躍した画家である。動物画を得意とした。

略歴[編集]

ジュネーヴに、ユグノーを先祖とする商人の家に生まれた。ジュネーヴの絵画学校(École de dessin d'après nature)で教育を受けた後[1]、1786年にパリに出て、ジャック=ルイ・ダヴィッドの工房で学んだが、ほどなくフランス革命が起こり、ジュネーヴに戻った。

イギリスの貴族、ジョージ・ピット(1803年に第2代リリヴァーズ男爵を継承する)と知り合い、イギリスに招かれ、イギリスの画家たちと働いた[1]。1800年からロンドンで暮らし、動物画家として、馬や犬などを描く動物画家として働いた。ロンドンの動物園の珍しい動物たちも描いた[1]。ロンドンで没した

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Dictionnaire historique de la Suisse

参考文献[編集]

  • Jacques-Laurent Agasse. 1767-1849 ou la séduction de l'Angleterre / Renée Loche. — Genève: Musée d'Art et d'Histoire, 1988. — 287 p. — ISBN 2830600487.