ジャック=アンリ・ラルティーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャック=アンリ・ラルティーグ(Jacques-Henri Lartigue, 1894年6月13日クールブヴォア - 1986年9月12日ニース)は、20世紀初頭のフランスのアマチュア写真家画家としても活動した。

裕福な家庭に生まれる。子どもの頃に親から写真機を買い与えられて写真撮影に熱中する。

極めて個人的・プライベートな視点による日常の写真を数多く残した。一般には、1912年に撮影した「A.C.F.(フランス自動車クラブ)グランプリ・レース Grand Prix de l'A.C.F., Automobile Delage」が知られている。この写真はレースカーのタイヤと観衆が斜めに歪んでいる(動体歪)が、これはICAスリットカメラで撮影した際に生じたローリングシャッター現象によるものである[1]

フランス人写真家としては、アンリ・カルティエ=ブレッソンと並ぶ名声を得ているとの評価もある(下記外部サイトを参照)。

日本における展覧会[編集]

  • ジャック=アンリ・ラルティーグ展(銀座・プランタン、PPS通信社1986年
  • ラルティーグ展 パノラマの世界(PPS通信社、1991年
  • 生誕100年ラルティーグ写真展「ベルエポックの休日」(朝日新聞社1995年
    • Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)、1995年6月9日~7月23日
    • 大丸ミュージアム・梅田(大阪)、1996年2月14日~2月26日
    • ひろしま美術館(広島)、1996年4月6日~5月19日

日本における文献[編集]

上記展覧会の展覧会図録のほか以下のものがある。

  • 愛のまなざし ジャック=アンリ・ラルティーグ写真集(堀内花子訳、リブロポート、1994年)
  • 子供のまなざし ジャック=アンリ・ラルティーグ写真集(堀内花子訳、リブロポート、1994年)
  • 時のまなざし ジャック=アンリ・ラルティーグ写真集(堀内花子訳、リブロポート、1995年)

外部サイト[編集]