ジャック・ランスロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャック・ランスロJacques Lancelot, 1920年4月20日 - 2009年2月7日)はフランスクラリネット奏者。

解説[編集]

ルーアンの生まれ。カーン音楽院でフェルナン・ブラシェ(Fernand Blachet)に学んだ後、パリ音楽院でオーギュスト・ペリエに師事し、1939年に一等賞を得て卒業している。また、フェルナン・ウーブラドゥに室内楽も学んだ。 その後、カエン音楽院の教授となったが、1947年にはルーアン音楽院の教授に就任し、ニース国際アカデミーでも教鞭をとった。1953年からは、ビュッフェ・クランポン社のクラリネットの開発にも協力している。

演奏者としては、1941年からコンセール・ラムルーの首席奏者を務め、ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の首席奏者にもなった。また、ジャン=ピエール・ランパルらと結成したパリ木管五重奏団の活動も名高い。

教え子には日本人クラリネット奏者の浜中浩一横川晴児二宮和子らがいる。

外部リンク[編集]