ジャック・ブリソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャック・ブリソ (Jacques Brissot、1929年 - ) は、フランス画家映画監督、ビジュアル・アーティストである。 映画監督として、短編映画『Égypte Ô Égypte - 河の贈り物』(1963年)を一緒に制作した俳優Claude Piéplu達や作曲家リュック・フェラーリと親しく、ローランド・トポールと頻繁に交流する。その作品はカンヌ国際映画祭に選ばれた。

1968年の「イベント」で、パリの街角をハンドカメラで撮影し、ブリソは創造の渇望を開発する。彼はモントルイユに住まいを移し、青年時代からの夢であった静止画のために映画から離れる。有名な『ブリソラージュ』に加えて、同名の記事でFrançois Aubralが分析 - ブリソはアプローチした全てを転換する - 彼は初期フランドル派、特にピーテル・ブリューゲルヒエロニムス・ボスに傾倒し、その傑作を独自の手法で時に暴力的に再現している。

外部リンク[編集]

  1. http://www.arcadja.com/auctions/fr/brissot_jacques/artiste/3925/
  2. http://www.musee-erotisme.fr/ja/expositions-erotisme/archives-musee-erotisme-paris/item/86-jacques-brissot.html#.UCeS_KDOuSq