ジャック・フィリップ・マルタン・セルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャック・フィリップ・マルタン・セルス(Jacques Philippe Martin Cels、1740年6月15日1806年5月15日)は、フランス園芸家である。

略歴[編集]

ヴェルサイユに生まれた。徴税請負人を務めていたが、フランス革命でその仕事を失うと、園芸商に転じ、海外の珍しい植物を育種、栽培、販売する商売を始めた。アンドレ・ミショー(André Michaux)やルイ=オーギュスタン・ボスク・ダンティク(Louis-Augustin Bosc d'Antic)が持ち帰った北米の植物の栽培に成功した。1795年にフランス科学アカデミーの農村園芸部門、農業アカデミーの会員に選ばれた。多くの分野での手引書を出版し、彼の栽培園の植物はヴェンテナ(Étienne Pierre Ventenat)が解説し、有名な植物画家、ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテが図版を描いた「J-Mセレスの庭園で栽培された新しく珍しい植物」("Description des plantes nouvelles et peu connues, cultivées dans le jardin de J.-M. Cels")として1799年に出版された。1803年にもルドゥーテの弟子のパンクラース・ベッサが図版を描いた、「植物選集:セルスの庭園の栽培植物など」("Choix de plantes :dont la plupart sont cultivées dans le jardin de Cels")が出版された。

「J-Mセレスの庭園で栽培された新しく珍しい植物」のルドゥーテの図版[編集]

著作[編集]

  • François-Hilaire Gilbertと共著、Instructions sur les effets des inondations et débordements des rivières, relativement aux prairies, aux récoltes de foin et à la nourriture des animaux, publiée par le Conseil d'agriculture du ministère de l'Intérieur, Paris : Impr. de la République, 1795, in-8°, 17 p[1].
  • ドセレス(Olivier de Serres)の農学書、Théâtre d'agriculture の 1804-1805の記事を執筆
Celsは、植物の学名命名者を示す場合にジャック・フィリップ・マルタン・セルスを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Florian Reynaud, Les bêtes à cornes (ou l'élevage bovin) dans la littérature agronomique de 1700 à 1850, Caen, thèse de doctorat en histoire, annexe 2 (13.4. 1795)