ジャックと豆の木 (パチスロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジャックと豆の木』は2006年ヤーマが開発、販売した5号機パチスロ機。保通協における型式名は「JACK5」。

概要[編集]

本機はボーナス後に突入するリプレイタイム(RT)とRT中平均1.5枚のコイン増加を最大の特徴とする。ボーナスは純増約350枚のビッグボーナスのみであり、ボーナス終了後に突入するRTと絡んで、一撃の出玉が大きな特徴となっている。 また、突入するRTの種類によりボーナスは3種類あり、最長2,000ゲームのRTを完走できれば、一撃約3,000枚も可能となっている。

システム[編集]

  • 設定は1~4の4段階。
  • リプレイを含む全小役にボーナスと重複当選の可能性がある。

ボーナス[編集]

  • ボーナスは465枚を超える払い出し(純増約350枚)で終了するビッグボーナスが3種類。
    • BAR・BAR・BAR揃い :ボーナス後2,000ゲームのARTに突入。
    • 7・7・7揃い :ボーナス後300ゲームのARTに突入。
    • BAR・7・7揃い :1ゲームのRTに突入。

アシストリプレイタイム[編集]

ボーナス終了後に突入し、規定ゲーム数の消化、ボーナス当選、RTパンク役の入賞により終了する。

性能は非常に優秀で、通常ゲーム中は取りこぼしの発生する2種類の15枚役のベルのうち、BAR・ベル・ベルを完全ナビし、通常ベルとパンク役の1枚役のどちらかが成立しているナビの場合液晶に?・?・?で打ち手に知らせ、1ゲーム当たり平均1.5枚のコイン増加となっている。このため、完走できれば、7・7・7揃いのART300Gでボーナスと合わせ約800枚、BAR・BAR・BAR揃いのART2,000Gならばボーナスと合わせ約3,350枚のコインを一撃で獲得することも可能となっている。

演出[編集]

通常ゲーム[編集]

本機は他のヤーマ製品同様、通常時に好みの演出モードを選択することができる。 演出モードは、まず1BETボタンを1回押すことで演出モード切り替え画面に切り替え、次に希望の演出モードが選択されたときにBETボタンを押すかコインを投入することで切り替えることができる。 演出モードは5種類。

  • ウキウキストーリーモード:童話「ジャックと豆の木」のストーリーが展開される。
  • ワクワクエッグモード:完全後告知。鶏が産む卵で成立約を告知。鶏が金の卵を産めばボーナス確定。
  • ワクワクキャラクターモード:パチンコ演出。液晶上で図柄が揃えばボーナス確定。
  • ドキドキ豆の木モード:沖スロモード。完全先告知。豆が木に成長すればボーナス確定。
  • ゾクゾクスロットモード:液晶上でボーナス図柄が揃うか、リールとの成立役矛盾が発生すればボーナス確定。

ボーナスゲーム[編集]

通常ゲーム中のストーリーモード演出が撮影という設定になっており、そのNG集といった演出が展開される。

アシストリプレイタイム[編集]

通常ゲーム中のエッグモードと同様の演出が展開される。 液晶上で「BAR・ベル・ベル」と「?・?・?」の2種類のナビが発生し、成立役の奪取とパンク役の1枚役回避をサポートする。

出玉率[編集]

設定 出玉率
1 95-97%
2 97-100%
3 100-104%
4 104-110%

※数値はメーカー発表値。