ジャスティン・ヴァーノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャスティン・ヴァーノン
Justin Vernon
Primavera19 -6 (48986116446).jpg
2019年撮影
基本情報
出生名 Justin DeYarmond Edison Vernon
生誕 (1981-04-30) 1981年4月30日(41歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ウィスコンシン州オークレア
ジャンル インディー・ロック、インディー・フォーク、フォークトロニカ、エレクトロニック
職業 音楽家歌手ソングライタープロデューサー
担当楽器 ボーカルギターキーボードバンジョーベースドラムスパーカッションピアノ
活動期間 1998年 -
共同作業者
公式サイト boniver.org

ジャスティン・ヴァーノンJustin Vernon1981年4月30日 -)は、アメリカ合衆国音楽家歌手ソングライター音楽プロデューサーマルチ奏者インディー・フォークバンドボン・イヴェールのフロントマンとして知られている。彼は他にもVolcano Choir、Big Red Machine、The Shouting Matches、Gayngsのメンバーとしても活動している。また、現在は解散しているDeYarmond Edisonのメンバーでもあった。

生い立ち [編集]

ジャスティン・ヴァーノンはアメリカ合衆国ウィスコンシン州オークレアで生まれ育ち、地元のメモリアルハイスクールに通った。1998年に高校のジャズキャンプで音楽仲間と出会い、最初のバンドであるマウントバーノン(Mount Vernon)を結成する。1999年にメモリアルハイスクールを卒業した後はウィスコンシン大学オークレア校に進学し、アイルランドで大半の学期を過ごす[1]。ヴァーノンは宗教学を専攻し、副専攻に女性学を勉強した[2]

経歴[編集]

キャリア初期 [編集]

ボン・イヴェールのライブでのジャスティン・ヴァーノン(2009年)

ジャスティン・ヴァーノンは2001年の大学在学中に自身の音楽プロジェクトであるデヤーモンド・エジソン(DeYarmond Edison)を開始し、翌年からバンドとしてのライブ活動をはじめる[3]。オークレアの音楽シーンで活動した後、ヴァーノンは4人のバンドメイトと地元を離れ、ノースカロライナ州ローリーで新たな音楽を模索する。 バンドは2004年にレコード『DeYarmond Edison』、2005年に2作目『Silent Signs』をリリースした[4]

ローリーで約1年活動した後、ヴァーノンはバンドとガールフレンドと別れ、2006年に一人で地元ウィスコンシンに戻ることになった。デヤーモンド・エジソンの残りのメンバーは、MegafaunとField Reportというフォークバンドを結成し、その後もヴァーノンとは良好な関係が続いた。

ボン・イヴェール [編集]

ジャスティン・ヴァーノンは2006年に地元オークレアに戻ってから、自身の音楽プロジェクトであるボン・イヴェール(Bon Iver)をスタートする。自主制作のデモ音源として録音されたデビューアルバム『For Emma, Forever Ago』は大きな話題を呼び世界的なブレイクを果たす[5]。2011年に発表した2作目のアルバム『Bon Iver, Bon Iver』は各所から絶賛されグラミー賞の新人賞を獲得する[6]。2016年には3作目の『22, A Million』、2019年には4作目の『i,i』をリリースし、ヴァーノンのメインプロジェクトとして現在も勢力的に活動している。

コラボレーションとサイドプロジェクト [編集]

The Stavesと演奏するジャスティン・ヴァーノン (右)(2015年)

ジャスティン・ヴァーノンはボン・イヴェールと並行して、他の音楽プロジェクトのメンバーとしても活動している。

ヴォルケーノ・クワイアー(Volcano Choir)は、ジャスティン・ヴァーノンとミルウォーキーのバンドCollections of Colonies of Beesのメンバーで構成されたバンドで、2009年にアルバム『Unmap』、2013年に2作目のアルバム『Repave』をリリースした。

2010年には、ヴァーノンとMegafaun、The Rosebuds、Doomtree、Stay Goldといったバンドのメンバーが集り、ギャングス(Gayngs)としてアルバム『Relayted』をリリースした[7]

ヴァーノンはガレージロックバンドThe Shouting Matchesのメンバーでもあり2008年に制作されお蔵入りになっていたEP『Mouthoil』と新録のニューアルバム『Grownass Man』が2013年にリリースされた[8]

ヴァーノンは、カニエ・ウェスト2010年のアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』の制作に招待され「Dark Fantasy」「Monster」「Hell Of A Life」「Lost In The World」にボーカルを提供した[9]。また、カニエとJay-Z2011年のコラボアルバム『Watch The Throne』に収録された「That's My Bitch」にも参加した[10]。さらに、カニエの2013年のアルバム『Yeezus』にも招聘され、「I Am a God」「Hold My Liquor」「I'm In It」の3曲に参加した。

ヴァーノンは、カニエ・ウェストのライブに何度かゲスト出演し、伝説的となった2011年コーチェラ・フェスティバルでのヘッドライナー公演にも参加した。2015年にはグラストンベリーのカニエのヘッドライナー公演に出演し「この地球で一番悪い白人の一人」と紹介され登場した。

2009年、ヴァーノンは慈善団体Red Hot Organizationが主宰するエイズの治療支援ベネフィットアルバム『Dark Was the Night』にAaron Dessnerとのコラボ楽曲「Big Red Machine」を提供する。

2014年、ヴァーノンはJason Feathers、ラッパーのAstronautalis、S. Carey、Ryan Olsonらとアルバム『De Oro』をリリースする。

ビッグ・レッド・マシーンのライブでのジャスティン・ヴァーノン(2019年)

2018年8月下旬、ヴァーノンはThe NationalのAaron Dessnerと共にビッグ・レッド・マシーン(Big Red Machine)名義でアルバム『Big Red Machine』をリリースする。アルバムはデスナー、ヴァーノン、ブラッド・クックが共同プロデュースし、Bryce Dessner、Bryan Devendorf、Richard Parryなど約40人のコラボレーターが参加した[11]。アルバムの大半は、ニューヨークハドソンバレーにあるデスナーのガレージスタジオで録音された[12]

オークレア・フェスティバル [編集]

2015年7月、ジャスティン・ヴァーノンはウィスコンシン州オークレアザ・ナショナルのアーロン・デスナーとオークレア(Eaux Claires)フェスティバルを主宰する。このフェスでヴァーノンはボン・イヴェールを3年ぶりに再始動させた[13]

2016年8月、ヴァーノンとデスナーは2回目のオークレアフェスティバルを開催した。フェスティバルのオープニングナイトで、ボン・イヴェールは3作目のアルバム『22, A Million』をプレミアした[14]

その後も毎年開催されていたが、2019年は休みになり2020年に会場の場所を変えて開催することがアナウンスされた[15]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ作品[編集]

  • Home Is(JD Vernon名義、2001年)
  • Self Record(2005年)
  • Hazeltons(2006年)

Mount Vernon[編集]

  • We Can Look Up(1998年)
  • All of Us Free(2000年)

DeYarmond Edison[編集]

  • DeYarmond Edison(2004年)
  • Silent Signs(2005年)
  • The Bickett Residency(2005年)
  • Unreleased EP(2006年)

Bon Iver[編集]

  • For Emma, Forever Ago(2007年)
  • Bon Iver, Bon Iver(2011年)
  • 22, A Million(2016年)
  • I, I(2019年)

The Shouting Matches[編集]

  • Mouthoil(2008年、2013年)
  • Grownass Man(2013年)

Volcano Choir[編集]

  • Unmap(2009年)
  • Repave(2013年)

Gayngs[編集]

  • Relayted(2010年)

Big Red Machine[編集]

  • Big Red Machine(2018年)

コラボレーティヴアルバム[編集]

  • A Decade with Duke(Eau Claire Memorial Jazz I Ensemble、2009年)
  • De Oro(Astronautalis, S. Carey and Ryan Olson, as Jason Feathers、2014年)

プロダクション参加作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Szymanski, Ken. “BON IVER: Back Tracks” (英語). volumeone.org. 2020年3月15日閲覧。
  2. ^ The Colbert Report”. Comedy Central. 2020年3月15日閲覧。
  3. ^ Bon Iver - For Emma, Forever Ago - Review - Stylus Magazine”. web.archive.org (2010年2月1日). 2020年3月15日閲覧。
  4. ^ DeYarmond Edison | Listen and Stream Free Music, Albums, New Releases, Photos, Videos”. Myspace. 2020年3月15日閲覧。
  5. ^ Gold & Platinum” (英語). RIAA. 2020年3月15日閲覧。
  6. ^ Grammys 2012: Bon Iver wins for best new artist” (英語). LA Times Blogs - Pop & Hiss (2012年2月12日). 2020年3月15日閲覧。
  7. ^ Jagjaguwar Introduces GAYNGS, New Album Relayted Coming in May Blog :…”. archive.is (2012年7月11日). 2020年3月15日閲覧。
  8. ^ Life, Signs Of (2009年12月9日). “The Shouting Matches”. Signs of Life. 2020年3月15日閲覧。
  9. ^ Kanye West - "Lost in the World" (ft. Bon Iver) • Music / Video • exc…”. archive.vn (2013年1月15日). 2020年3月14日閲覧。
  10. ^ Justin Vernon Talks Kanye Collaboration, Gayngs” (英語). Pitchfork. 2020年3月15日閲覧。
  11. ^ Aaron Dessner and Justin Vernon's Big Red Machine announce debut LP, share four songs: Stream” (英語). Consequence of Sound (2018年7月12日). 2020年3月15日閲覧。
  12. ^ How Aaron Dessner & Justin Vernon's Big Red Machine is the tip of a collaborative iceberg” (英語). Double J (2018年9月5日). 2020年3月15日閲覧。
  13. ^ Eaux Claires Music Festival, Curated by Justin Vernon and Aaron Dessner, Announced for Summer 2015”. Billboard (2014年12月17日). 2020年3月15日閲覧。
  14. ^ Bon Iver debut new album 22, A Million in full at Eaux Claires Festival -- watch” (英語). Consequence of Sound (2016年8月14日). 2020年3月15日閲覧。
  15. ^ Levy, Piet. “Justin Vernon's Eaux Claires fest canceled for 2019; back in 2020 in new location” (英語). Milwaukee Journal Sentinel. 2020年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]