ジャコモ・バッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャコモ・バッラ(Giacomo Balla, 1871年7月18日 - 1958年3月1日)は、イタリア未来派画家彫刻家トリノ生まれ。

他の未来派とは違って機械や暴力的な要素からは距離を置いた、機知に富んだ作風が特徴。

代表作は、『鎖に繋がれた犬のダイナミズム』(1912年オルブライト=ノックス美術館所蔵)。

来歴[編集]

1900年ごろパリに旅行して、影響を受ける。

1910年ウンベルト・ボッチョーニカルロ・カッラルイジ・ルッソロジーノ・セヴェリーニとともに「未来派絵画技術宣言」に署名。エティエンヌ=ジュール・マレーの連続写真などに影響を受け、動きや速度を絵画表現にて表そうとした。それと共に、絵画上の形態の解体が進み、1910年代前半には、抽象的傾向の強い作品も生み出した。最も早く抽象絵画を描いた1人であるといえる。

1915年フォルトゥナート・デペーロとともに、「宇宙の未来派主義的再構成」に署名。その後、ベニート・ムッソリーニローマ進軍を題材とするなど一時ファシズムに接近したが、1937年以降は未来派から距離を置き、具象に戻る。そのためもあってか、第二次世界大戦後も評価を得ることができた。

関連する日本での展覧会[編集]

  • 図録『未来派 1909-1944』エンリコ・スポルティ、井関正昭構成・監修
    (セゾン美術館編、東京新聞社、1992年)

外部リンク[編集]

の3点の図版が紹介されている。