ジャコビニ彗星 (205P)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャコビニ彗星
205P/Giacobini
仮符号・別名 205P/1896 R2=1896Ⅴ;
205P/2008 R6
分類 彗星
軌道の種類 短周期彗星
発見
発見日 1896年9月4.84日UT
発見者 ミシェル・ジャコビニ
軌道要素と性質
元期:2015年5月18.0日TT
近日点距離 (q) 1.5366755 au
離心率 (e) 0.5669751
公転周期 (P) 6.69 年
軌道傾斜角 (i) 15.28478 °
近日点引数 (ω) 154.23509 °
昇交点黄経 (Ω) 179.61769 °
前回近日点通過 2015年5月13.96732日TT
次回近日点通過 2022年1月13.76553日TT[1]
物理的性質
絶対等級 (H) H1(10)=14.1等
光度係数 (G) 10[2]
Template (ノート 解説) ■Project

ジャコビニ彗星(ジャコビニすいせい、Comet Giacobini、205P)は1896年に発見された短周期彗星である。発見後に行方不明となったが、2008年に再発見された。

ジャコビニ流星群の母天体であるジャコビニ・ツィナー彗星とは異なる。

発見[編集]

1896年9月4日、フランスの天文学者ミシェル・ジャコビニは、へび座に微光で1分角の円形のコマを持つ新彗星を発見した。翌5日にはドイツの天文学者ヴァルター・フィリガーによって11.3等級で観測された。

近日点通過は1896年10月28日で、発見時以上に明るくなることはなく、1897年1月に観測は終了した。周期6.55年から6.65年の軌道が計算されたが、その後の予想された回帰で彗星は観測されず、見失われた彗星と見なされていた[3]

再発見[編集]

山形県のアマチュア天文家板垣公一と北海道の金田宏は、2008年9月10日夜(JST)、わし座みずがめ座の境界付近をε-210反射望遠鏡(21cmf/3.0)+CCDを用いて彗星捜索中に、13等級の新彗星を発見した。板垣は、発見直後に60cmf/5.7反射望遠鏡で存在を確認し、既知の彗星でないことを確認した上で、新彗星として中野主一IAU小惑星センター・アソシエイツ)を通じ、天文電報中央局(CBAT)に報告した。

発見情報がThe NEO Confirmation Page[4]に掲載された直後、ドイツのマイク・メイヤーde:Maik_Meyer)は新彗星が1896年以来見失われていたD/1896 R2(ジャコビニ彗星)と同定可能であることを指摘した。この同定で、1896年の出現から17公転して2008年に再発見されたことが明らかとなった。

彗星発見を公表するIAUCが発行[5]される前に周期彗星の再現(検出)であることが判明したため、板垣・金田の名前が彗星名に追加されることはなかった。

2008年の回帰では、彗星は9月10日(TT)に近日点を通過した。最大11等級前後で眼視観測され、観測は翌年2月まで続いた。また、2つの分裂核も見つかり、B核(205P-B)は9月に18等級、C核(205P-C)は9月に19等級で観測された[6][7]。彗星核の分裂による増光が再発見につながったと思われている。

2015年の回帰では、彗星は5月に近日点を通過した。この頃は17等級前後で推移していたが、9月に14等級まで増光していることが観測された[8]

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

前の彗星:
LINEAR・NEAT彗星 (204P)
周期彗星
ジャコビニ彗星 (205P)
次の彗星:
バーナード・ボアッティーニ彗星