ジャケット (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャケット
The Jacket
監督 ジョン・メイバリー
脚本 マッシー・タジェディン
製作 ジョージ・クルーニー
ピーター・グーバー
スティーヴン・ソダーバーグ
製作総指揮 ベン・コスグローヴ
出演者 エイドリアン・ブロディ
キーラ・ナイトレイ
音楽 ブライアン・イーノ
撮影 ピーター・デミング
編集 エマ・E・ヒコックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・インディペンデント・ピクチャーズ
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年3月4日
日本の旗 2006年5月20日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $29,000,000
興行収入 $21,126,225[1]
テンプレートを表示

ジャケット』(The Jacket)は、2005年公開のアメリカ映画。日本公開は2006年5月20日

ストーリー[編集]

1992年、湾岸戦争で頭に重傷を負った元軍人・ジャック・スタークス。後遺症で記憶に障害を持つ彼は、ある事件に巻き込まれ精神病院に送られてしまう。そこで拘束衣=ジャケットを着せられ、実験的な矯正治療を受ける。ところが目覚めると、彼は別の場所に立っていた。そして彼は荒れた生活を送る女性と出会う。信じられないことに、彼女はつい先日、道端で出会った幼い少女・ジャッキーであった。彼は、15年後の2007年にタイムスリップしていたのだ。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ The Jacket” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月17日閲覧。

外部リンク[編集]