コンテンツにスキップ

ジャガー・XJR-17

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャガー・XJR-17
コンストラクター トム・ウォーキンショー・レーシング (TWR)
デザイナー イアン・リード
主要諸元
シャシー カーボンコンポジット・モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド
全長 4,800 mm
全幅 2,000 mm
全高 1,100 mm
ホイールベース 2,794 mm
エンジン XJ220E 2,991 cc V6 NA ミッドシップ
トランスミッション マーチ VG 5(6)速
重量 750 kg
主要成績
テンプレートを表示

ジャガー・XJR-17は、1991年IMSA-GTPライト(通称キャメル・ライト)参戦用にトム・ウォーキンショー・レーシング(TWR)が製作したプロトタイプレーシングカーである。しかし、参戦計画そのものが消滅したため、IMSA-GTPライトには一度も出走していない。

概要

[編集]

モノコックはジャガー・XJR-16のものが流用され、これにジャガー・XJR-14によく似たウイング付きノーズが組み合わされていた。リアウイングはシンプルな一枚のものだった。

エンジンはXJR-16の物を元にした排気量3.5リットル[1]のV型6気筒自然吸気である。

TWRはスポーツカー世界選手権(SWC)からはスポンサーの離脱もあり1991年限りで撤退した。IMSA-GTPへの参戦は1992年も続いたが新たな計画であるGTPライト参戦は実現せず、IMSA-GTP参戦自体も1993年の開幕戦までだった。

1992年にRMモータースポーツはSWCのプライベーター向けカテゴリーであるFIAカップに参戦するためにTWRからXJR-17を購入するが、参戦資金のめどが立たず、参戦は中止された。

1993年にはSWC自体が消滅し、RMモータースポーツは使い道の無くなったXJR-17をコレクターに売却した。その後XJR-17はヒストリックカーのイベントなどに参加している。その際のカラーリングは本来の主戦場となるはずだったIMSA-GTPに参戦していたTWRジャガーのようなバド・ライトカラーだった。

参考文献

[編集]
  • 『レーシングオンNo.472 Jaguar's C特集号』三栄書房ISBN 978-4-7796-2237-3

脚注

[編集]
  1. ^ 排気量3.5リットルという数字は参考文献に基づくが、GTPライト車両だった当時は3.0リットルのはずである。3.5リットルはSWCのFIAカップ車両の排気量である。

関連項目

[編集]