ジャガー・XJR-10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャガー・XJR-10
ジャガー・XJR-10
ジャガー・XJR-10
カテゴリー IMSA-GTP
コンストラクター TWR
デザイナー トニー・サウスゲート
イアン・リード (1990)
先代 ジャガー・XJR-9
後継 ジャガー・XJR-16
主要諸元
シャシー カーボン モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン プッシュロッド
全長 4,800 mm
全幅 2,000 mm
全高 1,010 mm
ホイールベース 2,794 mm
エンジン ジャガー 2,991 cc V6 2Turbo ミッドシップ
トランスミッション マーチ[要曖昧さ回避]VG 5速
重量 953kg
主要成績
チーム アメリカ合衆国の旗 TWR USA
ドライバー オランダの旗 ヤン・ラマース
アメリカ合衆国の旗 デイビー・ジョーンズ
アメリカ合衆国の旗 プライス・コブ
デンマークの旗 ジョン・ニールセン
ブラジルの旗 ラウル・ボーゼル
出走時期 1989 - 1991年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 15
初戦 1989年ライムロック
初勝利 1989年ポートランド
最終戦 1991年トペカ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
27 6 3 7
テンプレートを表示

ジャガー・XJR-101989年IMSA-GTPクラス参戦用にトム・ウォーキンショー・レーシング(TWR)が製作したプロトタイプレーシングカーである。

概要[編集]

前年型のXJR-9の発展型で、世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)に参戦したXJR-11とほぼ同型車で、シャシーデザインはトニー・サウスゲート。

モノコックはエンジン用の窪みがない以外はXJR-9とほぼ同一のもので、サスペンションもXJR-9とほぼ同一である[1]

ジャガーとTWRの合弁会社ジャガースポーツで開発されたターボ・エンジンを搭載する。IMSA規定により排気量は3.0L、エンジンマネージメントシステムはザイテックである。タイヤは1989年はダンロップ、1990年からはグッドイヤーを使用。

1989年第5戦ライムロックでデビュー、いきなり2位に入賞する。その後第10戦ポートランドで初優勝するもなかなか熟成が進まず、シーズン終盤はWSPC同様XJR-9にマシンを戻すなどしたが最終戦デル・マーで2勝目を上げる。翌1990年は第7戦ライムロック、第11戦ポートランドで2勝を上げるもニッサントヨタの前に苦戦、王者獲得はならなかった。1991年シーズンは第2戦ウェスト・パームビーチ、第4戦マイアミで優勝。その後XJR-10の改良型、XJR-16にバトンタッチした。

脚注[編集]

  1. ^ 「Sports-Car Racing」 Vol.15、p.24,2004年。

関連項目[編集]