ジメチル尿素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジメチル尿素
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 96-31-1 チェック
PubChem 7293
ChemSpider 7021 チェック
KEGG C16364 チェック
MeSH 1,3-ジメチル尿素
RTECS番号 YS9868000
特性
化学式 C3H8N2O
モル質量 88.11 g mol−1
外観 無色, ワックス状結晶
匂い 無臭
密度 1.142 g mL−1
融点

104 °C, 377.5 K, 220 °F

沸点

269 °C, 542.2 K, 516 °F

への溶解度 765 g L−1
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −312.1–−312.1 kJ mol−1
標準燃焼熱 ΔcHo −2.0145–−2.0089 MJ mol−1
危険性
Rフレーズ R22, R24/25
引火点 157 °C (315 °F; 430 K)
半数致死量 LD50 4 g kg−1 (oral, rat)
関連する物質
関連するureas カルムスチン
関連物質
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジメチル尿素(Dimethylurea)は、有機合成化学の中間体として用いられる尿素の誘導体である。IUPAC名は、1,3-ジメチル尿素である。毒性のほとんどない無色の結晶性粉末である。

利用[編集]

1,3-ジメチル尿素は、カフェインテオフィリンや医薬品、除草剤その他の合成に用いられる[2]。紡織業では、ホルムアルデヒドを含まない仕上げ剤の製造の中間体として用いられる。世界での生産量は、推計2500トン以下である。

出典[編集]

  1. ^ 1,3-dimethylurea - Compound Summary”. PubChem Compound. USA: National Center for Biotechnology Information (2005年3月26日). 2012年4月10日閲覧。
  2. ^ http://www.inchem.org/documents/sids/sids/96311.pdf SIDS Initial Assessment Report