ジム・ミラー (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・ミラー
Jim Miller
ニューヨーク・ヤンキース(マイナー)
Jim Miller on July 29, 2012.jpg
アスレチックス時代(2012年7月29日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州モリスタウン
生年月日 1982年4月28日(33歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト8巡目(全体230位)でコロラド・ロッキーズから指名
初出場 2008年9月1日 ボストン・レッドソックス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


ジェームズ・マシュー・ミラーJames Matthew "Jim" Miller, 1982年4月28日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州モリスタウン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBニューヨーク・ヤンキース傘下所属。

経歴[編集]

ロッキーズ時代[編集]

2004年のMLBドラフトコロラド・ロッキーズに8巡目(全体230番目)で指名され、6月16日ノース・フォート・マイヤーズ高校からプロ入り。

オリオールズ時代[編集]

2007年1月12日ロドリゴ・ロペスとの2対1トレードでジェーソン・バーチと共にボルティモア・オリオールズへ移籍。

2008年9月1日にメジャー初昇格し、同日の対ボストン・レッドソックス戦で初登板。

2009年2010年はメジャーでの登板はなくAAA級ノーフォーク・タイズで過ごす。

2010年11月6日にFAとなる。

ロッキーズ復帰[編集]

2011年1月15日に古巣コロラド・ロッキーズとマイナー契約するも、この年は6試合で7イニングのみの登板に終わる。10月7日にFAとなった。

アスレチックス時代[編集]

2011年11月11日オークランド・アスレチックスとマイナー契約を結ぶ。

2012年4月25日のシカゴ・ホワイトソックス戦でリリーフとして登板しチームがサヨナラ勝ちしたため、30才を迎える3日前にしてメジャー初勝利を手にする。

ヤンキース時代[編集]

2012年11月30日にウェーバーでニューヨーク・ヤンキースへ移籍。

2013年はわずか1試合の登板にとどまった。10月1日にFAとなったが、11月11日にマイナー契約で再契約した[1]

2014年はAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースで開幕を迎え、リリーフとして26試合に登板。7月1日にヤンキースとメジャー契約を結んだ[2]。昇格後は2試合に登板したが、防御率20.25と結果を残せず、7月11日にDFAとなった[3]。7月13日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格した。

脚注[編集]

  1. ^ レイズが救援右腕ローとマイナー契約 日刊スポーツ
  2. ^ Bryan Hoch & Jamal Collier (2014年7月1日). “Yanks add Miller to bullpen, option Ramirez”. MLB.com. 2014年7月3日閲覧。
  3. ^ Bryan Hoch (2014年7月11日). “Yankees acquire left-hander Francis from A's”. MLB.com. 2014年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]