ジム・ブリーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg ジム・ブリーチ American football pictogram.svg
Jim Breech
基本情報
ポジション プレースキッカー
生年月日 (1956-04-11) 1956年4月11日(62歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント
身長 5' 6" =約167.6cm
体重 160 lb =約72.6kg
経歴
大学 シンシナティ大学
ドラフト外 1979年
初出場年 1979年
初出場チーム オークランド・レイダーズ
所属歴
受賞歴・記録
NFL 通算成績
通算得点 1,246点
FG成功 243回/340回(71.4%)
PAT成功 517回/539回(95.9%)
Player stats at NFL.com
Player stats at PFR

ジム・ブリーチ(Jim Breech 1956年4月11日- )はカリフォルニア州サクラメント出身の元アメリカンフットボール選手。NFLでは1979年から1992年までの14シーズンを主にシンシナティ・ベンガルズでプレイした。ポジションはプレースキッカー

カリフォルニア大学から1978年のNFLドラフト8巡目でデトロイト・ライオンズに指名されたが開幕前にカットされた。翌1979年にオークランド・レイダーズにフリーエージェントで入団し全16試合に出場したが1980年のプレシーズンにレイダーズがシンシナティ・ベンガルズからカットされたクリス・バーと契約したためカットされた。彼はクリーブランド・ブラウンズのフロント入りしていたポール・ウォーフィールドに電話をして負傷したキッカー、ドン・コックロフトの代わりに自分と契約してくれるようアピールした。クリーブランドを訪れる前に彼はシンシナティ・ベンガルズからの電話を受け、ベンガルズへ入団することを決断した。現役引退まで彼はベンガルズでプレーした。

現役通算14シーズンで彼はFGを340回中243回成功(成功率71.4%)、エクストラポイントを539回中517回成功(成功率95.9%)させ合計1,246得点をあげた。そのうち1,152得点はベンガルズであげたがこれはチーム記録となっている。彼は歴代2位となる186試合連続得点をあげ、オーバータイムでのFGは9本中全て成功させNFL記録を作った。第16回スーパーボウル第23回スーパーボウルにも出場しFG、エクストラポイントは全て成功させた。第23回では3本のFGを成功させて残り3分10秒で16-13とベンガルズはサンフランシスコ・フォーティナイナーズをリードした。このまま試合が終わればスーパーボウル初のMVPに選ばれる可能性もあったがフォーティナイナーズは92ヤードのドライブを行い、残り34秒で逆転のTDを決めた。

1985年にはチーム記録となる120得点をあげたがこの記録は1995年にダグ・ペルフリーが121得点をあげて破られた[1]

飛距離のあるキックが必要なロングFGやキックオフはパンターのリー・ジョンソンが行ったことがある[2]

彼の息子のダニエルはアリーナフットボールインドアフットボールリーグシンシナティ・マーシャルズでプレーした。

現在彼はシンシナティ郊外のブルーアッシュで保険の仕事をしている。また元ベンガルズのキッカー、ダグ・ペルフリーが始めた子供たちのためのチャリティ、「Kicks for Kids Foundation」にも参加している[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CINCINNATI BENGALS HISTORY: 1985”. bengals.com. 2010年2月2日閲覧。
  2. ^ 「ベンガルズ35周年アニバーサリー・チーム」パンター編”. 2010年2月3日閲覧。
  3. ^ Kicks for Kids Foundation”. 2010年2月2日閲覧。

外部リンク[編集]