ジム・ビーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム・ビーティ
Jim Beattie
ジャンル インディー・ロック
Lo-Fi
担当楽器 ギター
活動期間 1982年-2000年
レーベル Creation
Elevation
4AD
Creeping Bent
共同作業者 プライマル・スクリーム
スパイリアX
アドヴェンチャーズ・イン・ステレオ
著名使用楽器
リッケンバッカー・360/12

ジム・ビーティJim Beattie1962年 - )は、イギリスグラスゴー出身のギタリスト。元プライマル・スクリームのメンバーとして知られる。

来歴[編集]

1982年ボビー・ギレスピーとともにプライマル・スクリームを結成。60年代ロックを思わせる12弦ギターを鳴らし、1985年クリエイション・レコーズからシングル『オール・フォール・ダウン(All Fall Down)』でデビュー[1]。その後、エレヴェイション・レコーズ[2]から発売されたデビューアルバム『ソニック・フラワー・グルーヴ(Sonic Flower Groove)』発売後の1988年にバンドから脱退する[3]。ビーティ在籍時、楽曲のクレジットは全て彼とギレスピーの共同名義だった。

2年後、ビーティはスパイリアXSpirea X)を結成する。バンドの名前はプライマル・スクリームのシングルB面に収録された同名のインストゥルメンタル曲に由来する。結成時の売り文句は「より良い曲を、より良いメロディを、より良いアレンジを、全てをより良くするアイデアを持っている」だった[3]。バンドは4ADと契約した。レコードデビュー前からBBC2の番組に出演し、インタビューを受けるとともに後に発売されるシングル曲を演奏した。結成時のベーシストはすぐにバンドから離れ、1991年時点でのバンドのメンバーは、ジェイミー・オドネル、トーマス・マクガーク、アンディ・カー、そしてビーティのガールフレンドであるジュディス・ボイルだった[3]

スパイリアXのデビューEP『クロニクル・ドリーム(Chlorine Dream)』は1991年4月に発売された。タイトル曲はブライアン・ジョーンズの生涯にインスパイアされたものである[4]。その後、アルチュール・ランボーの詩からタイトルが採られた[4]アルバム『ファイアブレイド・スカイズ(Fireblade Skies)』を発売した。アルバムは、甘いメロディにノイジーなギター、ダンスビートが組み合わさった時代を表す音だったが、商業的には失敗した[5]。また、「自分達がどこかにフィットするとは思えないから。」と同時代のバンドとの比較を拒絶した[6]

1992年、バンドはビーティとドイルの2人のみとなり、4ADから解雇された後に消滅した[4]

1994年、ビーティとドイルは、スパイリアXのマネージャーであり共同プロデューサーだったサイモン・ダインとアドヴェンチャーズ・イン・ステレオAdventures in Stereo)を結成する[7]。バンドはダインが作った古いレコードを元にしたサンプル・ループを使い、初期プライマル・スクリームを思わせるLo-Fiサウンドを構築した[8]。セルフタイトルのデビューアルバムは、1997年にクリーピング・ベントから発売された。このスコットランドの小レーベルと契約した理由は、オーナーがビーティを上回るザ・ビーチ・ボーイズのコレクションを所持していたからと言われている。アルバムは1分から2分のミニチュアの様な楽曲が18曲収録され、1960年代ガールズ・ポップをそのまま再現したものとなった[9]。ダインはアルバム発売後にバンドから離れたが、ビーティとボイルは2000年までこの名前で活動を続け、2枚のアルバムを発売した。

ディスコグラフィ[編集]

左から発売年、タイトル、原題。日本で発売されていないものは原題のみ。括弧内はレーベル、太字はアルバムを指す。

プライマル・スクリーム[編集]

スパイリアX[編集]

  • 1991年 Chlorine Dream(4AD
  • 1991年 Speed Reaction(4AD)
  • 1991年 ファイアブレイド・スカイズ Fireblade Skiesコロムビア

アドヴェンチャーズ・イン・ステレオ[編集]

  • 1996年 Airline(Creeping Bent)
  • 1997年 A Brand New Day(Creeping Bent)
  • 1997年 アドヴェンチャーズ・イン・ステレオ Adventures in Stereo(FLAVOUR OF SOUND)
  • 1998年 Down in the Traffic(Creeping Bent)
  • 1998年 オルタナティヴ・ステレオ・サウンズ Alternative Stereo Soundsトイズファクトリー
  • 2000年 MONOMANIA[10](トイズファクトリー)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール CDジャーナル 2010年6月22日閲覧
  2. ^ クリエイション主宰のアラン・マッギーとWEAによって設立されたレーベル
  3. ^ a b c Larkin, Colin (1992). The Guinness Who's Who of Indie and New Wave Music. Guinness Publishing. ISBN 0-85112-579-4. 
  4. ^ a b c Strong, Martin C. (1999). The Great Alternative & Indie Discography. Canongate. ISBN 0-86241-913-1. 
  5. ^ Spirea X Biography - allmusic.com
  6. ^ Terry, Nick (1991) "Spirea X: Nothing Happened Yesterday", Lime Lizard, November 1991, p.64-66
  7. ^ Adventures in Stereo”. insessiontonight.com. 2008年1月5日閲覧。
  8. ^ Adventures in Stereo”. jockrock.org. 2008年1月5日閲覧。
  9. ^ Adventures in Stereo Review - allmusic.com
  10. ^ 原題同じ