ジフェニルアミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジフェニルアミン
識別情報
CAS登録番号 122-39-4
RTECS番号 9
特性
化学式 C12H11N
モル質量 169.23 g/mol
外観 白または黄色の結晶
密度 1.158 g/cm³
融点

52.9℃

沸点

302℃

への溶解度 不溶
危険性
主な危険性 有毒。変異原性、催奇形性の可能性あり。皮膚や粘膜に有害。刺激性。
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
3
0
Rフレーズ R23 R24 R25 R33 R50 R53
Sフレーズ S36 S37 S45 S60 S61
引火点 152°C
関連する物質
関連するアミン アニリン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジフェニルアミン(Diphenylamine)は、構造式 (C6H5)2NHの芳香族アミンの一種。 水にはほとんど溶けないが、ベンゼンには溶ける。

利用[編集]

硝酸塩の検出[1]、DNAの抽出に使われる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ DNA Quantification Using Dimethylamine (click on PDF download link)

外部リンク[編集]