ジピコリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジピコリン酸[1]
識別情報
CAS登録番号 499-83-2 チェック
PubChem 10367
特性
化学式 C7H5NO4
モル質量 167.1189
融点

248-250 ℃

危険性
主な危険性 刺激性(Xi)
Rフレーズ R36/37/38
Sフレーズ S26 S36
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジピコリン酸(ジピコリンさん、dipicolinic acid)は、細菌の芽胞の乾燥重量の5~15%を占める有機化合物である[2][3]芽胞が持つ耐熱性に関係した物質と考えられている[4][2]

しかしながら、ジピコリン酸が欠乏しているが耐熱性をもつ変異種が分離されており、他の耐熱機構が存在することが示唆されている[5]

好気性バシラス属と嫌気性クロストリジウム属の2つの細菌の属が芽胞を作ることが知られている[6]

脚注[編集]

  1. ^ 2,6-Pyridinedicarboxylic acid - Sigma-Aldrich
  2. ^ a b Sliemandagger, TA., Nicholson, WL. (2001). Role of Dipicolinic Acid in Survival of Bacillus subtilis Spores Exposed to Artificial and Solar UV Radiation. Applied and Environmental Microbiology 67(3). 1274-1279
  3. ^ Sci-Tech Dictionary. McGraw-Hill Dictionary of Scientific and Technical Terms, McGraw-Hill Companies, Inc.
  4. ^ Madigan, M., J Martinko, J. Parker (2003). Brock Biology of Microorganisms, 10th edition. Pearson Education, Inc., ISBN 981-247-118-9.
  5. ^ Prescott, L. (1993). Microbiology, Wm. C. Brown Publishers, ISBN 0-697-01372-3.
  6. ^ Gladwin, M. (2008). Clinical Microbiology Made Ridiculously Simple, MedMaster, Inc., ISBN 0-940780-81-X.

関連項目[編集]