ジヒドロキシ安息香酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジヒドロキシ安息香酸(ジヒドロキシあんそくこうさん、Dihydroxybenzoic acid、DHBA)は、フェノール酸の一種である。

C7H6O4という共通した分子式を持つ、以下の6つの化合物が主として存在する。

オルセリン酸も、メチル基がついたジヒドロキシ安息香酸である。

レゾルシン酸とも呼ばれるm-ジヒドロキシ安息香酸は、細菌代謝系の一部である[1]

出典[編集]

  1. ^ Anaerobic metabolism of resorcyclic acids (m-dihydroxybenzoic acids) and resorcinol (1,3-benzenediol) in a fermenting and in a denitrifying bacterium. Claudia Kluge, Andreas Tschech and Georg Fuchs, Archives of microbiology, Volume 155, Number 1, pages 68-74, doi:10.1007/BF00291277