ジヒドロオロト酸デヒドロゲナーゼ (フマル酸)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジヒドロオロト酸デヒドロゲナーゼ (フマル酸)
識別子
EC番号 1.3.98.1
CAS登録番号 9029-03-2
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBj PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ジヒドロオロト酸デヒドロゲナーゼ (フマル酸)(dihydroorotate dehydrogenase (fumarate), DHOD, DHODH)は、ジヒドロオロト酸デヒドロゲナーゼのうちフマル酸電子受容体とするもの(クラス1A)である。ピリミジンde novo合成の4番目の化学反応触媒する酸化還元酵素であり、補因子としてFMNを結合するフラボタンパク質である。

反応[編集]

(S)-ジヒドロオロト酸 + フマル酸 オロト酸 + コハク酸

構造[編集]

ホモ2量体の可溶性タンパク質。

分布[編集]

グラム陽性菌に存在するほか、一部の真核生物真菌キネトプラスト類)にも存在している。

参考文献[編集]