ジバクアリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジバクアリ
Camponotus saundersi casent0179025 profile 1.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハチ目(膜翅目) Hymenoptera
: アリ科 Formicidae
亜科 : ヤマアリ亜科 Formicinae
: ヒラズオオアリ属 Colobopsis
: ジバクアリ C. saundersi
学名
Colobopsis saundersi
(Emery, 1889)

ジバクアリ (Colobopsis saundersi, 別名:バクダンオオアリ、kamikaze ants) は、マレーシアブルネイで発見されたアリの1種である。

働きアリは敵に襲われると、腹筋を収縮することにより体の一部を自爆させる。この自爆によって、刺激臭のある粘性の液を相手に浴びせ、味方への注意と共に敵の動きを封じた上で道連れにする。この性質はAutothysis英語版(ギリシャ語の自己+犠牲から作られた造語)と呼ばれ、この属の一部とほかの昆虫でも同様に見られる[1][2]。通常のアリより何倍も大きく全身に及ぶ下顎腺を持ち、そこで防衛用の粘着分泌物を生成する[3]

分泌物の成分[編集]

毒性接着剤は、雨季は明るい白色、乾季と雨季の初めごろは淡い黄色(もしくはクリーム色)と変色する。その理由は季節変化の食性か内部phの違いによるものと考えられている[1]。成分は「主にポリアセテート、脂肪族炭化水素、およびアルコール」から構成されている。

などといった化合物が含まれている。

関連項目[編集]

同様に自爆攻撃を行うアリの種類

その他

参考文献[編集]

  1. ^ a b Jones, T.H.; Clark, D.A.; Edwards, A.A.; Davidson, D.W.; Spande, T.F. and Snelling, Roy R. (2004): "The Chemistry of Exploding Ants, Camponotus spp. (Cylindricus complex)". Journal of Chemical Ecology 30(8): 1479-1492. doi:10.1023/B:JOEC.0000042063.01424.28
  2. ^ あなたの知らないアリの世界「劣勢になると自爆する『ジバクアリ』」(アメーバニュース)
  3. ^ Betz, Oliver (2010). Adhesive Exocrine Glands in Insects: Morphology, Ultrastructure, and Adhesive Secretion. Biological Adhesive Systems: 111-152. doi:10.1007/978-3-7091-0286-2_8
  4. ^ Laciny A, Zettel H, Kopchinskiy A, Pretzer C, Pal A, Salim KA, Rahimi MJ, Hoenigsberger M, Lim L, Jaitrong W, Druzhinina IS (2018) Colobopsis explodens sp. n., model species for studies on "exploding ants" (Hymenoptera, Formicidae), with biological notes and first illustrations of males of the Colobopsis cylindrica group. ZooKeys 751: 1-40. doi:10.3897/zookeys.751.22661