ジハーン・テムル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジハーン・テムル
イルハン朝ハン
在位 1338年 - 1340年
死去 不明
王朝 イルハン朝
父親 アラーフランク(ガイハトゥの子)
テンプレートを表示

ジハーン・テムル(生没年不詳)は、イルハン朝の君主(ハン、在位:1338年 - 1340年)。イルハン朝の第5代君主ガイハトゥの孫。父はアラーフランク。

生涯[編集]

1338年にタージュ・ウッディーン・ハサン・ブズルグ(大ハサン)が擁していたムハンマドが戦死したため、ジハーン・テムルがハンに擁立された。

1340年に大ハサンがシャイフ・ハサン(小ハサン)との戦いに敗れてバグダードに帰還した後、ジハーン・テムルは廃され、大ハサンによってジャライル朝が建国された。

関連文献[編集]

先代:
ムハンマド
(大ハサンによって擁立)
イルハン朝
1338年 - 1340年
次代: