ジネッタ・カーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジネッタから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジネッタ・カーズ
Ginetta Cars Limited
ジネッタ・G4
ジネッタ・G4
種類 非公開会社
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ウェスト・ヨークシャー州リーズ
設立 1958年
業種 自動車製造
事業内容 自動車の製造および販売
代表者 ローレンス・トムリンソン
関係する人物
  • ボブ・ウォークレット
  • アイバー・ウォークレット
  • トラバース・ウォークレット
  • ダグラス・ウォークレット
  • (いずれも創業者)
テンプレートを表示

ジネッタ・カーズ(Ginetta Cars)は、スポーツカー及びレーシングカーを製造するイギリス自動車メーカーである。

歴史[編集]

ウォークレット兄弟時代[編集]

1958年、ウォークレット兄弟(ボブ、アイバー、トラバース、ダグラス)がサフォーク州ウッドブリッジにて設立した。彼らは初の自動車として戦前製のウーズレーをベースとしたG1を発表したが、市販はされなかった[1]

1962年には本拠地をエセックス州ウィザムに移転し、1972年にはサフォーク州サドバリーに工場を構えるが、2年後にはウィザムに戻っている。1988年には事業拡大のため、本社をスカンソープに移転した。

長年にわたってジネッタを経営してきたウォークレット兄弟だったが、1989年をもって経営から手を引く事を決め、シェフィールドに本拠地を構える国際的なエンスージアストの団体に社を売却した。売却時の財政状況は良好とされていたが、新体制になってからの経営は次第に悪化していった。

ローレンス・トムリンソン時代[編集]

2005年、ジネッタ社は介護事業等で財を成した富豪のローレンス・トムリンソン率いるLNTグループに買収される。これを契機に休眠状態だった同社は一気に活性化し、モータースポーツに軸足をおいたラインナップに回帰していく事となった。

2007年には工場をウェスト・ヨークシャー州リーズに移転し、年間200台の製造目標を掲げて操業を開始した。創業50周年を記念して開発されたG50はトムリンソン自らが開発指揮を執り、グループGT4で幅広く使用されるなど成功を収めた。

2010年3月、サマセット州に本拠地を構えるスポーツカーメーカーのファービオを買収し、F400としてリバッジした。F400は2011年10月に、G60へと発展している[2]

モデル[編集]

ジネッタが制作したモデルは次のとおり。

G2[編集]

ジネッタ初の市販車として開発され、愛好家向けのキットカーであった。基本コンポーネントはフォード製のものを流用し、ボディはアルミニウム製、シャシにはチューブラーフレームが採用された。製造台数は約100台とされている。

G3[編集]

1959年に登場。グラスファイバー製のボディを持ち、エクステリアもGTスタイルに一新されたが、コンポーネントはG2の流用だった[3]

G4[編集]

ジネッタ・G4R

1961年に登場。ボディはFRP製のコンバーチブルスタイルで、デザインはコークボトルラインを持つ曲線的なフォルムとなった。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアがトレーリングアーム式という組み合わせ。シャシは鋼管スペースフレームである。エンジンはイギリス・フォードの大衆車「アングリア」から流用した1L 直列4気筒OHVが標準で搭載され、それまでの同社製モデルと同様にFR方式で駆動した。トランスミッションは4速MT

スペックこそ最高出力40hp/最大トルク7.1kgmと控えめな数値だったが、車重が445kgと極めて軽量であったため、最高速度169km/h、0-400m加速18.9sという高いパフォーマンスを発揮した。

1963年にマイナーチェンジを受け、シリーズ2に移行した。フレームやサスペンションの改良、フロントのディスクブレーキ化などが行われると同時に、ボディスタイルにハードトップを持つクーペが追加された。

1966年には再度マイナーチェンジを受け、シリーズ3へ移行。1.5Lエンジンが追加され、リトラクタブルヘッドライト仕様が追加された。

1969年までに500台以上が生産され、ジネッタで最も売れたモデルとなった。生産終了後も人気は衰えず、1981年にボディサイズを一回り拡大したシリーズ4として復活している(次項で解説)。

G4 シリーズ4[編集]

ジネッタ・G4 シリーズ4

1981年、好評を博したG4がシャーシを一新しシリーズ4として復活した。エンジンはフォード製の1.6L 直列4気筒を搭載していた。1984年までに35台が製造された。

G10・G11・G12[編集]

ジネッタ・G12

G101965年のレーシングカーショーで発表された。さらなる戦闘力アップを目指し、新たにフォード・マスタングより流用した4.7L V型8気筒エンジンを搭載したが、車重は約900 kgに肥大化した。それでも愛好家からは高い評価を得、プロトタイプで参戦したブランズ・ハッチでのデビュー戦ではジャガー・Eタイプを破り、注目を集めた。しかし、ジネッタの低い生産能力ではホモロゲーションを取得できず、3台が製造されたのみで実戦に投入されることはなかった。その後、ジネッタはG10のストリートバージョンとなるG11の開発に取り掛かる。G10と同一のボディに、MG・MGBより流用した1.8L 直列4気筒エンジンを搭載したモデルだったが、MG製エンジンの納品が遅れたことで生産は滞り、最終的に製造されたのはわずかな台数に留まった。

1966年G12が発表された。G4の進化形にあたるモデルで、様々な面でのブラッシュアップが行われている。鋼管スペースフレームシャシはG4と変わりないが、各部をセパレート化することで整備性のアップを図った。サスペンションは前後共にダブルウィッシュボーン式となり、トライアンフ由来のアップライトとダブルウィッシュボーン(上部アイテムのローズジョイントによるキャンバー調整付き)とコイルスプリングで構成されていました。一方、後部には、コイルスプリングとともに、下部逆ウィッシュボーン(ローズジョイント付き)とラジアスアームを備えた単一の上部横方向リンクの通常の配置が存在していました。車には安全性を高めるためにアンチロールバーが装備されており、フロントとリアにトライアンフから供給されたガーリングディスクブレーキが確実にストッピングパワーを高めました。電力は1.0リットルのコスワースSCAから供給されました直列4気筒エンジン。ただし、アストンマーティンV8などの大型エンジンは後で取り付けられましたが、あまり成功しませんでした。G12はそのクラスで競争を支配し、ロータスエラン26Rとコベントリークライマックスを凌駕し、1,150 ccMNシリーズを獲得しました。トラックレース以外では、G12はヒルクライムイベントでも成功を収めましたが、G16に置き換えられました。約28台が建設されました。[10]

G15[編集]

ジネッタ・G15

G21[編集]

ジネッタ・G21

G19[編集]

G20[編集]

2005ジネッタ・G20

GRSトラ[編集]

G26、G28、G30およびG31[編集]

G27[編集]

G32およびG33[編集]

G50[編集]

ジネッタG50GT4

G60[編集]

G40[編集]

ジネッタG40

G55[編集]

ジネッタG55

Akula[編集]

ジネッタアクラ

モータースポーツ[編集]

ミシュランジネッタGT4スーパーカップ[編集]

Protyre Motorsport GinettaGT5チャレンジ[編集]

プロトタイプ[編集]

ジネッタG60-LT-P1

出典[編集]

  1. ^ Georgano, N. (2000). Beaulieu Encyclopedia of the Automobile. London: HMSO. ISBN 1-57958-293-1 
  2. ^ “Ginetta G60 (2011) CAR review”. Car Magazine. (2011年10月21日). http://www.carmagazine.co.uk/Drives/Search-Results/First-drives/Ginetta-G60-2011-CAR-review/ 2011年10月21日閲覧。 
  3. ^ For road test see Motor Sport, September 1962, Pages 690, 693.

参考文献[編集]

  • Walklett, Bob (1994). Ginetta - The Inside Story: 31 Years of British Specialist Car Manufacturer. Bookmarque Publishing. ISBN 1-870519-28-0 
  • Rose, John (1988). Ginetta: The Illustrated History. G T Foulis & Co Ltd. ISBN 0-85429-685-9 
  • Pyman, T (2004). History of the Ginetta G4. Bookmarque Publishing. ISBN 1-870519-69-8 

外部リンク[編集]