ジネッタ・カーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジネッタから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジネッタ・カーズ
Ginetta Cars Limited
Ginetta Cars logo.svg
ジネッタ・G4
ジネッタ・G4
種類 非公開会社
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ウェスト・ヨークシャー州リーズ
設立 1958年
業種 自動車製造
事業内容 自動車の製造および販売
代表者 ローレンス・トムリンソン
関係する人物
  • ボブ・ウォークレット
  • アイバー・ウォークレット
  • トラバース・ウォークレット
  • ダグラス・ウォークレット
  • (いずれも創業者)
テンプレートを表示

ジネッタ・カーズ(Ginetta Cars)は、スポーツカー及びレーシングカーを製造するイギリス自動車メーカーである。

歴史[編集]

ウォークレット兄弟時代[編集]

1958年、ウォークレット兄弟(ボブ、アイバー、トラバース、ダグラス)がサフォーク州ウッドブリッジにて設立した。彼らは初の自動車として戦前製のウーズレーをベースとしたG1を発表したが、市販はされなかった[1]

1962年には本拠地をエセックス州ウィザムに移転し、1972年にはサフォーク州サドバリーに工場を構えるが、2年後にはウィザムに戻っている。1988年には事業拡大のため、本社をスカンソープに移転した。

長年にわたってジネッタを経営してきたウォークレット兄弟だったが、1989年をもって経営から手を引く事を決め、シェフィールドに本拠地を構える国際的なエンスージアストの団体に社を売却した。売却時の財政状況は良好とされていたが、新体制になってからの経営は次第に悪化していった。

ローレンス・トムリンソン時代[編集]

2005年、ジネッタ社は介護事業等で財を成した富豪のローレンス・トムリンソン率いるLNTグループに買収される。これを契機に休眠状態だった同社は一気に活性化し、モータースポーツに軸足をおいたラインナップに回帰していく事となった。

2007年には工場をウェスト・ヨークシャー州リーズに移転し、年間200台の製造目標を掲げて操業を開始した。創業50周年を記念して開発されたG50はトムリンソン自らが開発指揮を執り、グループGT4で幅広く使用されるなど成功を収めた。

2010年3月、サマセット州に本拠地を構えるスポーツカーメーカーのファービオを買収し、F400としてリバッジした。F400は2011年10月に、G60へと発展している[2]

モデル[編集]

ジネッタが制作したモデルは次のとおり。

G2[編集]

ジネッタ初の市販車として開発され、愛好家向けのキットカーであった。基本コンポーネントはフォード製のものを流用し、ボディはアルミニウム製、シャシにはチューブラーフレームが採用された。製造台数は約100台とされている。

G3[編集]

1959年に登場。グラスファイバー製のボディを持ち、エクステリアもGTスタイルに一新されたが、コンポーネントはG2の流用だった[3]

G4[編集]

ジネッタ・G4R

1961年に登場。

ボディはFRP製のコンバーチブルスタイルで、デザインはコークボトルラインを持つ曲線的なフォルムとなった。

サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアがトレーリングアーム式という組み合わせ。エンジンはイギリス・フォードの大衆車「アングリア」から流用した1L直列4気筒OHVが標準で搭載され、それまでの同社製モデルと同様にFR方式で駆動した。トランスミッションは4速MT

スペックこそ最高出力40hp/最大トルク7.1kgmと控えめな数値だったが、車重が445kgと極めて軽量であったため、最高速度169km/h、0-400m加速18.9sという高いパフォーマンスを発揮した。

1963年にマイナーチェンジを受け、シリーズ2に移行した。フレームやサスペンションの改良、フロントのディスクブレーキ化などが行われると同時に、ボディスタイルにハードトップを持つクーペが追加された。

1966年には再度マイナーチェンジを受け、シリーズ3へ移行。1.5Lエンジンが追加され、リトラクタブルヘッドライト仕様が追加された。

1969年までに500台以上が生産され、ジネッタで最も売れたモデルとなった。生産終了後も人気は衰えず、1981年にボディサイズを一回り拡大したシリーズ4として復活している(次項で解説)。

G4シリーズIV[編集]

ジネッタ・G4 Sr.4

G10、G11、G12[編集]

ジネッタ・G12

G15[編集]

ジネッタ・G15

G21[編集]

ジネッタ・G21

G19[編集]

G20[編集]

2005ジネッタ・G20

GRSトラ[編集]

G26、G28、G30およびG31[編集]

G27[編集]

G32およびG33[編集]

G50[編集]

ジネッタG50GT4

G60[編集]

G40[編集]

ジネッタG40

G55[編集]

ジネッタG55

Akula[編集]

モータースポーツ[編集]

ミシュランジネッタGT4スーパーカップ[編集]

Protyre Motorsport GinettaGT5チャレンジ[編集]

プロトタイプ[編集]

ジネッタG60-LT-P1

出典[編集]

  1. ^ Georgano, N. (2000). Beaulieu Encyclopedia of the Automobile. London: HMSO. ISBN 1-57958-293-1 
  2. ^ “Ginetta G60 (2011) CAR review”. Car Magazine. (2011年10月21日). http://www.carmagazine.co.uk/Drives/Search-Results/First-drives/Ginetta-G60-2011-CAR-review/ 2011年10月21日閲覧。 
  3. ^ For road test see Motor Sport, September 1962, Pages 690, 693.

参考文献[編集]

  • Walklett, Bob (1994). Ginetta - The Inside Story: 31 Years of British Specialist Car Manufacturer. Bookmarque Publishing. ISBN 1-870519-28-0 
  • Rose, John (1988). Ginetta: The Illustrated History. G T Foulis & Co Ltd. ISBN 0-85429-685-9 
  • Pyman, T (2004). History of the Ginetta G4. Bookmarque Publishing. ISBN 1-870519-69-8 

外部リンク[編集]