ジニトロジメチルスルファミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジニトロジメチルスルファミドは化学式 H3C−NNO2−SO2−NNO2−CH3 で表される、 スルホンジアミドの窒素原子上にそれぞれニトロ基とメチル基が1つずつ置換した構造を持つ有機化合物である。

水にはほとんど溶けず、熱アルコールに易溶、クロロホルムベンゼンにはかなり溶ける。ベンゼンから晶析した結晶の融点は 90 ℃である。約160℃で蒸気が爆発する。

かつてPETNに添加して溶填炸薬とする構想があった。

合成はジメチルスルファミドを多量の 100% 硝酸と反応させて行う。