ジオ・ポンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジオ・ポンティ
デンバー美術館

ジオ・ポンティGio Ponti1891年11月11日 - 1979年9月16日)は、イタリア建築家インダストリアルデザイナー、家具デザイナー。建築・デザイン雑誌『Domus』を創刊したことでも知られる[1]

1891年、ミラノに父エンリコ・ポンティと母ジヴァンナ・リゴーネの間に生まれる。1921年、ミラノ工科大学建築学部を卒業し、ミラノにて他の建築家と共同で事務所を立ち上げる。1923年から1930年にかけ、イタリアの陶磁器メーカー、リチャード・ジノリでアートディレクターを務めた。1928年には雑誌ドムスを創刊し、初代編集長を務めた。1961年から1963年にかけ、ミラノ工科大学建築学部教授を務める。

代表作に1951年発表の椅子スーペルレッジェーラ、ミラノピレリ・ビルイタリア語版構造家ピエール・ルイージ・ネルヴィと共同)、デンバー美術館北館(1971年、アメリカ合衆国コロラド州)などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 20世紀西洋人名事典の解説”. コトバンク. 2018年12月16日閲覧。