ジオポンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジオポンティ
欧字表記 Gio Ponti
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2005年2月28日(12歳)
Tale of the Cat
Chipeta Springs
母の父 Alydar
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 Kilboy Estate Inc.
馬主 Castleton Lyons
調教師 Cristophe Clement[1]アメリカ
競走成績
生涯成績 29戦[1]12勝
獲得賞金 6,169,800ドル[1]
テンプレートを表示

ジオポンティ (Gio Ponti) はアメリカ合衆国で生産された競走馬。アメリカにおいて芝コースのG1競走で7勝を挙げ、2年続けてエクリプス賞の部門賞を受賞した。ジオポンティーと表記される場合もある。

おもな勝ち鞍は2009年のフランク・E・キルローマイルハンデキャップマンハッタンハンデキャップマンノウォーステークスアーリントンミリオンステークス、2010年のマンノウォーステークス、シャドウェルターフマイルステークス、2011年のシャドウェルターフマイルステークス。

経歴[編集]

2007年(2歳)[編集]

9月に競走馬デビューし2連勝を果たす。秋にはラモン・ドミンゲスが騎乗してブリーダーズカップ・ジュヴェナイルターフに出走したがナウナウナウの8着に敗れた。

2008年(3歳)[編集]

6月にギャレット・ゴメスの騎乗によりヒルプリンスステークス (G3) を制して重賞競走初勝利を挙げた。以降しばらくゴメスが主戦騎手として騎乗し、7月のヴァージニアダービー (G2) では2着となったコートヴィジョンハナ差先着し、重賞競走2勝目を挙げた。その後デルマーダービー (G2) とジャマイカハンデキャップ (G2) ではともに2着に敗れた。続く11月のハリウッドダービーに1番人気で出走したが、コートヴィジョンに敗れて7着という結果に終わった。続く12月のサーボーフォートステークス (G3) では1番人気に応え優勝した。

2009年(4歳)[編集]

この年の初戦は2月のストラブステークス (G2) に1番人気で出走したがカウボーイキャルに敗れて5着。続くフランク・E・キルローマイルハンデキャップでは、ゴメスがヴェンチュラに騎乗するためにふたたびラモン・ドミンゲスを鞍上に迎えた。ヴェンチュラに続く2番人気に支持されたが、ゴール前でヴェンチュラにハナ差競り勝ち、G1競走初勝利を挙げた[2]。その後、6月のマンハッタンハンデキャップではゴメスとのコンビに戻ってのレースとなり、マーシュサイドに1馬身差をつけて勝利。続くマンノウォーステークスではふたたびドミンゲスとのコンビで出走し1番人気に応えて勝利。続く8月のアーリントンミリオンステークスでも1番人気に推され、最後の直線でジャストアズウェルに1馬身差をつけて勝利と、G1競走ばかりで4連勝を果たした。

続くジョーハーシュ・ターフクラシック招待ではインターパティションの2着に敗れ、連勝がストップした。11月のブリーダーズカップ・クラシックではゼニヤッタの2着となった[1]

2010年(5歳)[編集]

この年の初戦は2月のタンパベイステークスに1番人気で出走したが2着に敗れた。ドバイに遠征し、3月のドバイワールドカップでは4着だった[1]。その後、連覇をかけて挑んだ6月のマンハッタンハンデキャップでは2着に敗れた。7月のマンノウォーステークスでは単勝1.4倍の圧倒的1番人気で出走し、2着のミッションアプルーヴドにクビ差ながらも連覇を達成、G1競走5勝目を挙げた。8月のアーリントンミリオンでは大外から脚を伸ばして捉えてくるも内から伸びてきたドビュッシーにかわされ2着に敗れ、連覇を逃した。10月のシャドウェルターフマイルステークスを勝ち、G1競走6勝目を挙げた。11月のブリーダーズカップ・マイルではゴルディコヴァの2着に敗れた[1]

2011年(6歳)[編集]

この年もドバイに遠征しドバイワールドカップに出走したが、ヴィクトワールピサの5着に敗れた[1]。その後、6月のマンハッタンハンデキャップでは3着に敗れた。3連覇をかけて挑んだ7月のマンノウォーステークスではケープブランコの2着。8月のアーリントンミリオンではまたしてもケープブランコの2着。10月のシャドウェルターフマイルステークスに出走し連覇を達成、G1競走7勝目を挙げた。11月のブリーダーズカップ・マイルは4着に敗れ、これを最後に現役を引退した[1]

競走馬引退後[編集]

競走馬引退後は現役時からの馬主であるキャッスルトン・ライオンズ (Castleton Lyons) がレキシントンに所有する牧場で種牡馬となる[1]オーストラリアへのシャトルも行われている[3]

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2007.09.07 ベルモントパーク 未勝利 7f 1着 G.ゴメス 2 1/2馬身 (Moral Compass)
0000.10.07 キーンランド バーボンS 芝8.5f 1着 R.ドミンゲス 1 1/2馬身 (Nownownow)
0000.10.26 モンマスパーク BCジュヴェナイルターフ 芝8f 8着 R.ドミンゲス 4馬身 Nownownow
2008.06.06 ベルモントパーク ヒルプリンスS G3 芝8f 1着 G.ゴメス 2馬身 (Prussian)
0000.07.19 コロニアルダウンズ ヴァージニアダービー G2 芝10f 1着 G.ゴメス ハナ (Court Vision)
0000.08.31 デルマー デルマーダービー G2 芝9f 2着 G.ゴメス 1/2馬身 Madeo
0000.10.04 ベルモントパーク ジャマイカH G2 芝9f 2着 A.ガルシア 3/4馬身 Court Vision
0000.11.30 ハリウッドパーク ハリウッドダービー G1 芝10f 7着 G.ゴメス 2 1/2馬身 Court Vision
0000.12.26 サンタアニタ サーボーフォートS G3 AW8f 1着 G.ゴメス 1 1/2馬身 (Medjool)
2009.02.07 サンタアニタ ストラブS G2 AW9f 5着 G.ゴメス 1 1/2馬身 Cowboy Cal
0000.03.07 サンタアニタ フランク・E・キルローマイルH G1 芝8f 1着 R.ドミンゲス ハナ (Ventura)
0000.06.06 ベルモントパーク マンハッタンH G1 芝10f 1着 G.ゴメス 1 1/2馬身 (Marsh Side)
0000.07.11 ベルモントパーク マンノウォーS G1 芝11f 1着 R.ドミンゲス 1 3/4馬身 (Musketier)
0000.08.08 アーリントンパーク アーリントンミリオンS G1 芝10f 1着 R.ドミンゲス 1 1/4馬身 (Just as Well)
0000.11.07 サンタアニタパーク BCクラシック G1 AW10f 2着 R.ドミンゲス 1 1/4身 Zenyatta
2010.02.20 タンパベイダウンズ タンパベイS 芝8.5f 2着 R.ドミンゲス ハナ Karelian
0000.03.27 メイダン (UAE) ドバイワールドC G1 AW10f 4着 R.ドミンゲス 1 1/2馬身 Gloria de Campeao
0000.06.05 ベルモントパーク マンハッタンH G1 芝10f 2着 R.ドミンゲス 1/2馬身 Winchester
0000.07.10 ベルモントパーク マンノウォーS G1 芝11f 1着 R.ドミンゲス (Mission Approved)
0000.08.21 アーリントンパーク アーリントンミリオンS G1 芝10f 2着 R.ドミンゲス 1/2馬身 Debussy
0000.10.09 キーンランド シャドウェルターフマイルS G1 芝8f 1着 R.ドミンゲス 1馬身 (Society's hairman)
0000.11.06 チャーチルダウンズ BCマイル G1 芝10f 2着 R.ドミンゲス 1 3/4身 Goldikova
2011.03.26 メイダン (UAE) ドバイワールドC G1 AW10f 5着 R.ドミンゲス 1 3/4馬身 Victoire Pisa
0000.06.11 ベルモントパーク マンハッタンH G1 芝10f 3着 R.ドミンゲス 1 1/2馬身 Mission Approved
0000.07.09 ベルモントパーク マンノウォーS G1 芝11f 2着 R.ドミンゲス 2 1/2馬身 Cape Blanco
0000.08.13 アーリントンパーク アーリントンミリオンS G1 芝10f 2着 R.ドミンゲス 2 1/2馬身 Cape Blanco
0000.10.08 キーンランド シャドウェルターフマイルS G1 芝8f 1着 R.ドミンゲス 1/2馬身 (Get Stormy)
0000.11.06 チャーチルダウンズ BCマイル G1 芝10f 4着 R.ドミンゲス 2 3/4身 Court Vision

受賞歴[編集]

血統表[編集]

ジオポンティ血統ストームキャット系Raise a Native 4×3= 18.75% (血統表の出典)

Tale of the Cat
1994 黒鹿毛
Storm Cat
1983 黒鹿毛
Storm Bird Northern Dancer
South Ocean
Terlingua Secretariat
Crimson Saint
Yarn
1987 黒鹿毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Narrate Honest Pleasure
State

Chipeta Springs
1997 黒鹿毛
Alydar
1975 栗毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Sweet Tooth On-and-On
Plum Cake
Salt Spring
1979 鹿毛
Salt Marsh Tom Rolfe
Saline
Jungle Mythologic Mount Athos
Jungle Queen F-No.2-g
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

血統背景[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k Gio Ponti to Stand at Castleton Lyons” (英語). BloodHorse.com (2011年11月8日). 2012年11月29日閲覧。
  2. ^ ドミンゲスとクレメント厩舎にとっても同競走初勝利。
  3. ^ Champion Gio Ponti to Shuttle to Arrowfield” (英語). BloodHorse.com (2012年4月12日). 2012年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]