ジエンマンシュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジエンマンシュー
本名 簡嫚書
出生地  台湾
職業 女優
事務所 小鳥遊映製所 / Agent : Asa Ma Shen Wen
主な作品
「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。」「Maverick」「Twa-Tiu-Tiann」「OPEN! OPEN!」「あの日を乗り越えて
テンプレートを表示

簡嫚書ジエン・マンシュー1988年10月16日 - )は、台湾の女優、監督、腳本家。天秤座

略歴[編集]

大学生の時に台湾教育部のテレビ広告に起用される。2010年にデビューし、同年ドラマ『あの日を乗り越えて(Year Of The Rain)』で第45回金鐘賞(台湾テレビ番組、ドラマアカデミー賞)の主演女優賞にノミネートされた。2015年に映画『菜鳥~Maverick』で第52届金馬獎の最優秀助演女優賞ノミネートされた。2016年に映画『菜鳥~Maverick』で第18届台北映画祭の最優秀助演女優賞。[1]

監督[編集]

  • 2014年:「gift」
    • 2nd 48 Hour Film Project Taipei Award "BEST DIRECTOR"
  • 2015年:「OPEN! OPEN!」
  • 2016年:「Play」
    • 4th 48 Hour Film Project Taipei Award "BEST DIRECTOR" & "BEST CITY FILM"

出演[編集]

映画[編集]

  • 2012年:「南方小羊牧場~When a Wolf Falls in Love with a Sheep」 - 小羊 役
  • 2014年:「大稻埕~Twa-Tiu-Tiann」 - 阿蕊 役
  • 2015年:「OPEN! OPEN!」 - 花花 役
  • 2015年:「菜鳥〜Maverick」 - 安安 役
  • 2017年:「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。」

テレビドラマ[編集]

  • 2010年:「あの日を乗り越えて」 - リン・ユーチン 役
  • 2012年:「シュガーケーキガーデン〜翻糖花園〜」 - ミーエン 役
  • 2012年:「你是春風我是雨~Love in the Wind」 - 唐璟芊 役
  • 2012年:「小站〜The Late Night Stop」 - 温雨青 役
  • 2013年:「愛情急整室〜Love SOS」 - 童琳役
  • 2016年:「植劇場-天黑請閉眼~Close Your Eyes Before It's Dark」- 洪曉彤 役

広告[編集]

  • 2010年:
    • U-START
  • 2011年:
    • YAMAHA CIAO バイク
    • 33rd Golden Harvest Awards for Outstanding Short Films
  • 2012年:
    • ORBIS アクアフォースシリーズ
  • 2013年:
    • FamilyMart collection Serise
    • 花王 Biore Deep Free 洗顏料《Close to you》
    • Solvil et Titus 2013
    • MG Mask Film《the magic moment》
  • 2014年:
  • 2015年:
  • 2016年:
    • 日本東北地方観光宣伝フィルム スシリーズ
    • GOGORO smartscooter
    • SARA SARA Perfume Shower Gel
    • Nestle lemon tea

Music Video[編集]

  • 2010年:林俊傑《她說》
  • 2014年:GU Taiwan《I WANT GU》

受賞[編集]

  • 2010年:「第45届金鐘獎」最優秀主演女優賞ノミネート 『あの日を乗り越えて
  • 2011年:「韓国第6屆ソウルドラマアワード」主演女優賞ノミネート 『あの日を乗り越えて』
  • 2011年:「韓国第6屆ソウルドラマアワード」ネット人気賞受賞 『あの日を乗り越えて』
  • 2012年:「第7屆アジア・フィルム・アワード」最優秀新人賞ノミネート 『南方小羊牧場~When a Wolf Falls in Love with a Sheep』
  • 2015年:「第52届金馬獎」最優秀助演女優賞ノミネート『菜鳥~Maverick』
  • 2016年:「第18届台北映画祭」最優秀助演女優賞『菜鳥~Maverick』

脚注[編集]

  1. ^ 『ママは日本へ嫁に行っちゃ ダメというけれど。』映画化決定![1]

外部リンク[編集]