ジェー・シー・オー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ジェー・シー・オー
JCO Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 JCO
本社所在地 日本の旗 日本
319−1101
茨城県那珂郡東海村石神外宿2600
設立 1979年(昭和54年)
事業内容 ウラン関係施設・廃棄物の管理等
代表者 桐嶋 健二
資本金 1千万円
従業員数 37名
主要株主 住友金属鉱山株式会社(100%)
外部リンク http://www.jco.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ジェー・シー・オー(JCO Co.,Ltd.)は、1979年住友金属鉱山が全額出資して設立した株式会社。原子力発電用の核燃料製造における中間工程を請負い、独自技術の溶媒抽出法にて六フッ化ウラン二酸化ウランへ転換加工する事業を行っていた。

しかし、1999年に当時国内史上最悪の原子力事故である東海村JCO臨界事故を起こし、「加工事業許可の取消し」の行政処分を受けた。2003年にウラン再転換事業の再開を断念し、低レベル放射性廃棄物の保管管理や施設の維持管理へと事業規模を縮小した。事故被害者の補償問題への対応も行っている。

会社の歴史[編集]

外部リンク[編集]