ジェームズ・ハミルトン (計量経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェームズ・ハミルトン
James D. Hamilton
生誕 (1954-11-29) 1954年11月29日(64歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア大学サンディエゴ校
アメリカ合衆国の旗 バージニア大学
研究分野 マクロ経済学
計量経済学
時系列解析
母校 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア大学バークレー校
アメリカ合衆国の旗 コロラドカレッジ
学位 Ph.D.
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

ジェームズ・ダグラス・ハミルトン: James Douglas Hamilton1954年11月29日[1] - )はアメリカの計量経済学者。米国カリフォルニア大学サンディエゴ校教授[2]。専門は時系列解析やエネルギー経済学英語版など。過去には米国科学アカデミー物資貿易委員会英語版欧州中央銀行の顧問を務め、アメリカ合衆国議会で証言台に立ったこともある[3]

著書 “Time Series Analysis” は「世界中の大学院において経済時系列分析の標準的な教科書として採用され続けて」[4]おり、日本語のほかに中国語イタリア語にも翻訳されている[3]#書評も参照)。

略歴[編集]

受賞・名誉職[編集]

著書[編集]

  • Time Series Analysis. Princeton University Press. (1994). ISBN 978-0691042893. [書評 1][書評 2][書評 3][書評 4][書評 5]
  • Baldev Rajと共編) Advances in Markov-Switching Models. Physica-Verlag. (2002). ISBN 978-3642511844. 

主要論文[編集]

  • James D. Hamilton (1983). “Oil and the Macroeconomy since World War II”. Journal of Political Economy 91 (2): 228-248. doi:10.1086/261140. 
  • James D. Hamilton (1985). “Uncovering Financial Market Expectations of Inflation”. Journal of Political Economy 93 (6): 1224-1241. doi:10.1086/261357. 
  • James D. Hamilton; Marjorie A Flavin (1986). “On the Limitations of Government Borrowing: A Framework for EmpiricalTesting”. American Economic Review 76 (4): 808-19. [* 4]
  • James D. Hamilton (1988). “A Neoclassical Model of Unemployment and the Business Cycle”. Journal of Political Economy 96 (3): 593-617. doi:10.1086/261553. 
  • James D. Hamilton (1989). “A New Approach to the Economic Analysis of Nonstationary Time Series and the Business Cycle”. Econometrica 57 (2): 357-384. doi:10.2307/1912559. 
  • James D. Hamilton (1990). “Long Swings in the Dollar: Are They in the Data and Do Markets Know It?”. American Economic Review 80 (4): 689-713. 
  • James D. Hamilton (1992). “Was the Deflation during the Great Depression Anticipated? Evidence from the Commodity Futures Market”. American Economic Review 82 (1): 157-178. 
  • James D. Hamilton (1997). “Measuring the Liquidity Effect”. American Economic Review 87 (1): 80-97. 
  • James D. Hamilton (2001). “A Parametric Approach to Flexible Nonlinear Inference”. Econometrica 69 (3): 537-573. doi:10.1111/1468-0262.00205. 
  • James D. Hamilton; Òscar Jordà (2002). “A Model for the Federal Funds Rate Target”. Journal of Political Economy 110 (5): 1135-1167. doi:10.1086/341872. 

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ American Economic ReviewEconometricaJournal of Political EconomyQuarterly Journal of EconomicsReview of Economics and Statistics の5誌。
  2. ^ Top 5に Economic Inquiry などを加えた36誌。
  3. ^ 受賞論文:James D. Hamilton (2011). “Calling recessions in real time”. International Journal of Forecasting 27 (4): 1006-1026. doi:10.1016/j.ijforecast.2010.09.001. 
  4. ^ 共著者のMarjorie Flavin(UC San Diego)はハミルトンの妻[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Curriculum Vitae (PDF)” (英語) (2014年7月). 2014年12月17日閲覧。
  2. ^ Profile: James D. Hamilton” (英語). UC San Diego. 2014年12月17日閲覧。
  3. ^ a b c James D. Hamilton biographical information” (英語). 2014年12月17日閲覧。
  4. ^ 沖本 & 井上 2006, 訳者序文.
  5. ^ Curriculum Vitae (PDF)” (英語) (2000年5月). 2014年12月17日閲覧。
  6. ^ a b Loren C. Scott; Peter M. Mitias (1996). “TRENDS IN RANKINGS OF ECONOMICS DEPARTMENTS IN THE U.S.: AN UPDATE”. Economic Inquiry 34 (2): 378-400. doi:10.1111/j.1465-7295.1996.tb01383.x. 
  7. ^ Best Paper Awards for papers published in the IJF” (英語). Forecasting principles. 2014年12月17日閲覧。
  8. ^ International Association for Energy Economics :: Awards” (英語). 国際エネルギー経済学会英語版. 2014年12月17日閲覧。
  9. ^ Undergraduate and Graduate Teaching Awards” (英語). カリフォルニア大学サンディエゴ校 (2014年11月26日). 2014年12月17日閲覧。
  10. ^ NBER Family Members: James D. Hamilton” (英語). 全米経済研究所. 2014年12月17日閲覧。
  11. ^ “Fellows of the Econometric Society”. Econometrica 78 (4): 1457-1487. (2010). doi:10.3982/ECTA784FES. 

書評[編集]

  1. ^ Kristina Kostial (1994). “(Book Review)”. Journal of Economics 60 (3): 332-335. doi:10.1007/BF01227485. 
  2. ^ Bruce E. Hansen (1995). “(Book Review)”. Econometric Theory 11 (3): 625-630. doi:10.1017/S0266466600009440. 
  3. ^ Jamie Marquez (1995). “(Book Review)”. International Journal of Forecasting 11 (3): 494-495. doi:10.1016/0169-2070(95)90035-7. 
  4. ^ Benedikt M. Potscher (1996). “(Book Review)”. Journal of the American Statistical Association 91 (433): 439-440. doi:10.2307/2291435. 
  5. ^ David E. Booth (1997). “(Book Review)”. Technometrics 39 (1): 102-103. doi:10.1080/00401706.1997.10485448. 

外部リンク[編集]