ジェームズ・ココ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームズ・ココ
James Coco
James Coco
1973年
本名 James Emil Coco
生年月日 (1930-03-21) 1930年3月21日
没年月日 (1987-02-25) 1987年2月25日(56歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市
民族 イタリア系アメリカ人[1]
身長 178 cm[1]
職業 俳優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1940年代 - 1987年

ジェームズ・ココJames Coco, 1930年3月21日 - 1987年2月25日)は、アメリカ合衆国俳優である。

来歴[編集]

性格俳優と位置付けされるココは、1930年ニューヨーク州ニューヨーク市に生まれる。父親はイタリア人の靴職人だった[1]。高校を卒業した後に、すぐに演劇の世界に飛び込み、自身の太めの体形を活かして、個性的なアプローチを続け、1957年に舞台『ホテル・パラディーソ』でブロードウェイデビューを飾る。後に出演したオフ・ブロードウェイ舞台の『The Moon in Yellow River』でオビー賞を獲得。その後もテレビ・コマーシャルや、舞台などでジーン・ハックマンらを含む様々な俳優たちと活動し着実にキャリアを築き上げていく。ブロードウェイでの活躍もめざましく、一人舞台やミュージカル、群衆劇など様々な演目に挑戦した。その中で出演した『Next』という舞台では、ドラマデスク・アワードも授与されている。ニール・サイモンが脚本を手掛けた『Last of the Red Hot Lovers』ではトニー賞にノミネートされた。

映画への出演でも、ピーター・フォークマギー・スミスデヴィッド・ニーヴンピーター・セラーズら共演の『名探偵登場』では、エルキュール・ポワロのパロディである探偵役を演じ、ジェームズ・クロムウェルとのコンビで笑いを誘った。その演技力を証明するように、1972年に出演した『ラ・マンチャの男』の映画版では、同年のゴールデン・グローブ賞にノミネートされたほか、1981年ニール・サイモンの戯曲を映画化した『泣かないで』では、ゴールデン・グローブ賞アカデミー助演男優賞にノミネートされている。ただ、この作品においてはラジー賞にも同時ノミネートされており、アカデミー賞とラジー賞における史上初の同時ノミネートであった。1983年に出演したテレビドラマ『St. Elsewhere』では、エミー賞を獲得している。

役者以外では、料理の腕前にも定評があったようで、いくつかの料理番組にゲスト出演したほか、『The James Coco Diet』というタイトルのダイエット本を出版したりして、多才ぶりを発揮した。

私生活[編集]

1987年2月25日に、生まれた場所であるニューヨーク市にて生涯を閉じた。56歳だった。

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1961 力と栄光
The Power and the Glory
テレビ映画、クレジット無し
1964 ミスタア・パルバー
Ensign Pulver
Skouras
1969 ゼネレーション
Generation
Mr. Blatto
1970 End of the Road School Man
1970 愛しのジュニー・ムーン
Tell Me That You Love Me, Junie Moon
マリオ
1970 いちご白書
The Strawberry Statement
食料品店主
1971 おかしな求婚
A New Leaf
ハリーおじさん
1971 男と女のあいだ
Such Good Friends
ティミー・スペクター
1972 ラ・マンチャの男
Man of La Mancha
Sancho Panza / Cervantes' Manservant
1975 ワイルド・パーティー
The Wild Party
ジョリー・グリム
1976 名探偵登場
Murder by Death
ミロ・ペリエ
1977 チャールストン
Charleston
Joe Lo Monaco
1978 バイバイ・モンキー/ コーネリアスの夢
Ciao maschio
1978 名探偵再登場
The Cheap Detective
マルセル
1979 太平洋を乗っ取れ!
The French Atlantic Affair
Georges Sauvinage
1979 Scavenger Hunt Henri
1980 ダドリー・ムーアのモーゼの気分で
Wholly Moses!
Hyssop
1980 アンネの日記
The Diary of Anne Frank
Van Daan テレビ映画
1981 泣かないで
Only When I Laugh
ジミー
1982 The Curious Case of Santa Claus Santa Claus テレビ映画
1982 Debby Boone... One Step Closer
1984 マペットめざせブロードウェイ!
The Muppets Take Manhattan
スケフィントン
1986 アクトレス/ ある女優の栄光と挫折
There Must Be a Pony
Mervin Trellis テレビ映画
1987 ザ・パーフェクトガイ/ ハンク
Hunk
Dr. D
1987 ステップフォードの子供たち
The Stepford Children
Mr. Jamison テレビ映画
1988 デッドシート/ 地獄への直流電気椅子
The Chair
Dr. Harold Woodhouse Langer
1989 That's Adequate Max Roebling

テレビ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
1965 パティ・デューク・ショー
The Patty Duke Show
ディレクター シーズン2 "Patty Meets a Celebrity"
1966 Directions
1966 ABC Stage 67 Mr. Zuckerman
1967-1969 N.Y.P.D.
1968 New York Television Theatre
1969 The Edge of Night
1970 NBC Children's Theatre
1973 ドクター・ウェルビー
Marcus Welby, M.D.
Quentin Bailey
1973 Calucci's Department Calucci / Joe Calucci
1976 The Dumplings Joe Dumpling
1976 Maude Dr. Channing McGrath
1978,1985 ラブ・ボート
The Love Boat
1979 $weepstake$ Pete
1979 Dr.トラッパー/ サンフランシスコ病院物語
Trapper John, M.D.
Jennings
1982 Matt Houston J. Hamilton Goodfellow
1982 セント・エルスウェア
St. Elsewhere
Arnie
1983 ファンタジー・アイランド
Fantasy Island
King Louie
1983 Great Performances King of Hearts
1984 Mr. Success Vernon Silt テレビ映画
1984 ジェシカおばさんの事件簿
Murder, She Wrote
Horatio Baldwin
1985 トワイライトゾーン
Twilight Zone
Maury Winkler (segment "Act Break")
1985 レイ・ブラッドベリ・シアター/ 『Marionettes, Inc.』
The Ray Bradbury Theater
1985-1987 Who's the Boss? Nick Milano

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
1981年 アカデミー助演男優賞:『泣かないで

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
1972年 助演男優賞 :『ラ・マンチャの男』
1982年 助演男優賞 :『泣かないで

ゴールデンラズベリー賞[編集]

ノミネート
1982年 最低助演男優賞 : 『泣かないで』

プライムタイム・エミー賞[編集]

受賞
1983年 助演男優賞 : 『セント・エルスウェア』

参考文献[編集]

  1. ^ a b c James Coco - Biography” (英語). IMDb. 2013年7月26日閲覧。

外部リンク[編集]