ジェームズ・アルフレッド・ルーズベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームズ・アルフレッド・ルーズベルト(James Alfred Roosevelt, 1825年6月13日 - 1898年7月15日)は、アメリカ合衆国の商人、ルーズベルト家英語版の一員で、後のアメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトの叔父。

20歳の時に父親のコーネリアス・ルーズベルトの商売を手伝い始め、そして成功した。1878年に、家業の厚板ガラス事業を放棄し、ルーズベルト・アンド・サン英語版を設立した。多くの機関や人物とのつながりがあり、ケミカル・バンク・オブ・ニューヨーク英語版の副社長、ブロードウェイ・インプルーブメント・カンパニーの社長、貯蓄銀行の副社長、デラウェア・アンド・ハドソン・キャナル・カンパニーの経営者、 ニューヨーク生命保険の重役、 公園委員会のメンバー、 子ども虐待防止の社会評議会役員などと親交があった。遠縁の従兄弟ジェームズ・H・ルーズベルト英語版によって設立されたルーズベルト・ホスピタル英語版の社長を務めた。1847年12月22日にエリザベス・ノリス・エムレンと結婚し、エムレン・ルーズベルトなど4人の子供を儲けた。オイスター・ベイの自宅へ帰宅中に、ミネオラNYの近くで電車内で死去した。

息子アルフレッド・ルーズベルトの娘エルフリーダ・ルーズベルト[1]準男爵オーム・ビグランド・クラーク英語版と結婚した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Cobb, William T. (1946). The Strenuous Life: The Oyster Bay Roosevelts in Business and Finance. William E. Rudge's Sons. 
  • Whittelsey, Charles B. (1902). The Roosevelt Genealogy, 1649–1902.