ジェームス比嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェームス比嘉
James Higa
生誕 1958年3月18日
住居 カリフォルニア州 ロスガトス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 スタンフォード大学
職業 Apple シニアディレクター
Apple 初代日本支社長
NeXT 初代日本支社長
リアルネットワークス 副社長
著名な実績 漢字Talkの開発
iPod / iTunes Storeの開発
配偶者 既婚
比嘉良充(琉球大学教授)

ジェームス比嘉(James Higa、1958年3月18日 - )は沖縄県生まれ(日系二世)の実業家、投資家、慈善家である。長年、アップル創業者 スティーブ・ジョブズの片腕として様々なプロジェクトに関与し、特にiPodiTunes Storeプロジェクトでの貢献から「iPodの父」と称される。父は琉球大学 名誉教授比嘉良充

略歴[編集]

琉球大学教授の父 比嘉良充と母は共に沖縄県出身で琉球政府時代の留学制度を利用し米国へ留学し出会う。その間に生まれたのがジェームス比嘉である。クバサキ・スクール(沖縄県北谷町・海兵隊基地キャンプ・フォスター内にある高校)卒業後、スタンフォード大学へ進学[1]

卒業後に写真家として活動していた1984年、マッキントッシュの広告の仕事でスティーブ・ジョブズと出会う。当時、29歳だったスティーブ・ジョブズは彼を気に入り自らの独断で雇い入れ、マーケティング担当の1人としてマック・グループの初期メンバーに加えた[2]。その後、当時日本語が扱えなかったマッキントッシュの状況を危惧したジョブズはアップルで日本語が唯一話せる比嘉に漢字化するプランを作るよう命じ、Mark Davisらと共に漢字Talk開発に携わる。この漢字TalkはMac OS日本語版の元となった[2]

やがて、アップルを追放されたスティーブ・ジョブズが設立したばかりのNeXTへ誘われアップルを退社し、NeXTジャパンの社長として参画する。その後はリアルネットワークスで副社長を務め同社のIPOに深く関与する。

2001年にアップルに正式なCEOとして復帰したジョブズから再びオファーを受け、再びアップルへ復帰。ジョブズ直属のシニアディレクターとなる。ジョブズから「携帯音楽プレーヤーとインターネットによる音楽配信サービス」のプロジェクトを任されると、20人のスタッフと商品化を行い、ジョブズと共にレコード会社やアーティストとの困難な交渉をまとめ上げる。これが現在 iPod、iTunes Storeとなる。

その後、ジョブズが世を去ると8ヶ月後の2012年に同社を退職し[2] 以後はインデックス・ベンチャーズのメンターやPhilanthropic Ventures Foundation取締役などを務め、新興企業へのアドバイスを続けながら、サンフランシスコで拡大し続ける所得格差を解消するための慈善活動をしている。

主な投資[編集]

参照[編集]

  1. ^ 「失敗恐れず挑戦を」 米アップル社・比嘉ジェームス氏 - 琉球新報 2005年8月27日
  2. ^ a b c 貧困問題と取り組むアップル元幹部、ジェームス比嘉氏 - ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年2月28日

関連人物[編集]

外部リンク[編集]