ジェントル・ジャイアント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェントル・ジャイアント
Gentle Giant
Gentle giant 16091976 500.jpg
ノルウェー・オスロ公演 (1976年9月)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドン
ジャンル プログレッシブ・ロック
シンフォニック・ロック
ジャズ・ロック
チェンバー・ロック
ニュー・ウェーヴ
実験音楽
活動期間 1970年 - 1980年
レーベル ヴァーティゴ/WWA
コロムビア・レコード
キャピトル・レコード
クリサリス・レコード
公式サイト Gentle Giant HP
メンバー デレク・シャルマン(Vo)
レイ・シャルマン(B)
ケリー・ミネア(Key)
ゲイリー・グリーン(G)
ジョン・ウェザーズ(Ds)
旧メンバー 以下を参照

ジェントル・ジャイアントGentle Giant)はイングランド出身のプログレッシブ・ロックバンド

英国のプログレ五大バンドに続く一角として1970年代に活動し、後世のロック・ミュージックにも影響を与えた。

概要[編集]

サイモン・デュプリー&ザ・ビッグ・サウンドというバンドにいたデレク、レイ、フィルのシャルマン兄弟を中心に結成され、1970年にデビューする。

全盛期
技巧派のジャズ・ロックにトラッドや古楽の要素を織り交ぜた音楽性で、批評家からの評価とは裏腹にセールスに恵まれなかったが、1973年の4thアルバム『オクトパス』からハード・ロックやポップスの要素も取り入れるようになり、更にチェンバー・ロック的で複雑なアンサンブルに変化し、1975年の7thアルバム『フリー・ハンド』までセールスが上向いた[1]
晩年
1970年代後半になりプログレッシブ・ロック自体が退潮すると、更に流行のパンクニュー・ウェイヴの要素も取り入れつつ、よりコンテンポラリーなポップミュージックを志向するようになる。しかしやがて行き詰まり、1980年に解散した。
解散後〜来日
解散後、シャルマン兄弟がミュージシャンを引退したこともあり、再結成を望む声が多いものの実現せずにいる一方で、元メンバーのゲイリー・グリーンマルコム・モルティモア2008年に「Rentle Giant」というバンドを立ち上げてライブ活動を開催した。
2009年には、ケリー・ミネアがこれに合流して「Three Friends」を結成。ヨーロッパやアメリカ等のツアーを経て、同年9月にジェントル・ジャイアント名義では実現しなかった来日公演を行った[2]

スタイル[編集]

ドイツ・ハンブルク公演 (1974年)

英国のプログレ・バンドの中でも技巧派の筆頭として挙げられることも多く、概して玄人受けのするバンドである。

変拍子やポリリズム、多彩なジャンルの入り乱れる複雑な楽曲を、ライトなタッチで聴かせるアンサンブルと、メンバー全員によるコーラスワークは高い評価を受けている。そのため、その音楽性はアンサンブルの緊張感や技巧合戦の趣、幻想的な音空間といった俗に言う「プログレっぽさ」とはあまり関わりがなく、英国プログレにおいて図抜けたポップさを持つ異色のバンドである(XTCなどにも影響を与えたとされる)。

またマルチ・プレイヤーが揃ったバンドでもあり、ライヴでもメンバーがメインのパートのみならず、ヴァイオリンやチェロ、リコーダー、鉄琴などの楽器を次々と持ち替えつつ、時には(コーラスも兼ねつつ)同時に演奏して見せたりもした[3]

メンバー[編集]

最終メンバー[編集]

        
デレク・シャルマン(Vo)
レイ・シャルマン(B)
ジョン・ウェザーズ(Ds)
ゲイリー・グリーン(G)

旧メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライヴ・アルバム[編集]

  • 1976年 - 『プレイン・ザ・フール』 - Playing the Fool
  • 1994年 - 『ライヴ・イン・コンサート』 - In Concert
  • 1996年 - 『アウト・オブ・ザ・ウッズ』 - Out of the Woods
  • 1996年 - 『ラスト・ステップ』 - The Last Steps
  • 1998年 - 『アウト・オブ・ザ・ファイア』 - Out of the Fire
  • 1998年 - 『キング・ビスケット・ライヴ』 - King Biscuit Flower Hour Presents
  • 2000年 - 『ライヴ・ローマ1974』 - Live Rome 1974
  • 2000年 - 『インタヴュー・イン・コンサート』 - In'terview in Concert
  • 2000年 - 『イン・ア・パレスポート・ハウス』 - In a Palesport House
  • 2002年 - 『アーティスティカリー・クライム』 - Artistically Cryme
  • 2002年 - 『エンドレス・ライフ』 - Endless Life
  • 2002年 - 『ザ・ミッシング・フェイス』 - The Missing Face
  • 2003年 - 『プロローグ』 - Prologue
  • 2009年 - 『ライヴ・イン・ストックホルム '75』 - Live in Stockholm '75
  • 2009年 - 『キング・アルフレッズ・カレッジ 1971』 - King Alfred's College, Winchester 1971

脚注[編集]

外部リンク[編集]