ジェレミー・ジェフレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェレミー・ジェフレス
Jeremy Jeffress
Jeremy Jeffress (46983658065) (cropped).jpg
ミルウォーキー・ブルワーズ時代
(2019年5月14日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 バージニア州ハリファックス郡サウスボストン英語版
生年月日 (1987-09-21) 1987年9月21日(32歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト1巡目
初出場 2010年9月1日
年俸 $519,100(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェレミー・ロス・ジェフレスJeremy Ross Jeffress, 1987年9月21日 - )は、アメリカ合衆国バージニア州ハリファックス郡サウスボストン英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。愛称はジェイジェイ[2]

経歴[編集]

プロ入りとブルワーズ時代[編集]

アリゾナ秋季リーグ時代
(2008年10月21日)

2006年MLBドラフト1巡目(全体16位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名され、155万ドルの契約金で入団[3]

2010年9月1日のシンシナティ・レッズ戦でメジャーデビューを果たした[4]

ロイヤルズ時代[編集]

カンザスシティ・ロイヤルズ時代
(2012年8月9日)

2010年12月18日にザック・グレインキーユニエスキー・ベタンコートとのトレードで、アルシデス・エスコバーロレンゾ・ケインジェイク・オドリッジと共にカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した[5]

2012年11月2日にDFAとなった。

ブルージェイズ時代[編集]

2012年11月8日にDFA後の10日以内の措置によって、金銭トレードでトロント・ブルージェイズへ移籍した[6]

2013年は開幕メジャー入りを果たしたが、開幕翌日の4月6日にDFAとなり[7]、4月16日にマイナー契約に切り替えて、A+級ダニーデン・ブルージェイズに降格。その後、5月4日にAAA級バッファロー・バイソンズに昇格すると、9月3日にはブルージェイズと再びメジャー契約を結んだ。

2014年は開幕ロースター入りしたが、4月4日にDFAとなった[8]。4月15日にAAA級バッファローへ降格した[9]後、16日にFAとなった。

ブルワーズ復帰[編集]

2014年4月18日に古巣・ブルワーズとマイナー契約を結んだ[10]。契約後は傘下のAAA級ナッシュビル・サウンズで30試合に登板し、4勝1敗5セーブ・防御率1.51と好投。7月21日にブルワーズとメジャー契約を結んだ[11]。メジャーでは29試合にリリーフ登板し、防御率1.88・1勝1敗という圧巻の成績をマーク。ブルージェイズとの合算では、32試合の登板で防御率2.81だった。

2015年はリリーフ陣の中心的存在にのし上がり、72試合にリリーフ登板。防御率2.65・5勝0敗・WHIP1.27・奪三振率8.9という素晴らしい活躍を見せ、ブレークを果たした。

2016年クローザーに抜擢され、47試合の登板で防御率2.22・2勝2敗27セーブという好成績を記録していた。

レンジャーズ時代[編集]

テキサス・レンジャーズ時代
(2017年7月17日)

2016年7月31日にルイス・ブリンソンルイス・オルティーズ英語版、後日発表選手[注 1]とのトレードで、ジョナサン・ルクロイと共にテキサス・レンジャーズへ移籍した[13]。8月26日、ダラスで検問に引っ掛かり、飲酒運転の容疑で逮捕されたが、保釈金を払って釈放された[14]。野球の方では、レンジャーズ加入後12試合にリリーフ登板し、防御率2.70・1勝・WHIP1.28という成績を記録。ブルワーズとの合算では59試合の登板で防御率2.33・3勝2敗27セーブ・WHIP1.26という成績だった。なお、前述のようにレンジャーズではセーブを挙げなかったため、27セーブはナ・リーグ7位にランクインした。

2017年は移籍までに39試合に登板したが、1勝2敗・防御率5.31と不振であった。

2度目のブルワーズ復帰[編集]

2017年7月31日にテイラー・スコットとのトレードで、ブルワーズに復帰した[15]。移籍後は22試合に登板し、4勝無敗・防御率3.65とやや調子を立て直した。2チーム合算では61試合登板で5勝2敗・防御率4.68であった。

2018年は開幕から好調を維持し、自己最多となる73試合に登板。シーズン終盤はクローザーも務め、8勝1敗15セーブ・防御率1.29・WHIP0.99とキャリア最高のシーズンとなった。またこの年は奪三振能力が向上し、奪三振率が5年ぶりの9.0超となる10.4を記録した。

2019年9月1日にDFAとなり[16]、同日中に自由契約となった[17]

投球スタイル[編集]

最速164.2km/h、平均球速153km/hの剛速球投手。高い奪三振率の代わりに制球の悪さが大きな課題だったが、2014年以降は与四球率2点台と改善され、やや荒れ球ながら四球から崩れる事はほとんどなくなった。メジャーデビュー当初はフォーシームカーブの2球種(ごく稀にツーシームも投げていた)を持ち球とし、大半が速球でゴリ押しするパワーピッチャーだったが、2013年からツーシームを基本球種に変更。2014年には平均球速144km/hほどのチェンジアップを習得すると、2016年からはシンカーも投げるようになり、状況に応じてゴロを打たせるなど、投球スタイルに大幅な変化が見られた。そのため、奪三振率は9点台から7点台へと低下している[18][19]

薬物規定違反[編集]

2007年マリファナの陽性反応で50試合の出場停止処分を受け、2009年には再度の陽性反応で100試合の出場停止処分を受けている。規定により、次にまた陽性反応を示した場合は永久追放処分となる[20]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 MIL 10 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 42 10.0 8 0 6 1 0 8 1 0 4 3 2.70 1.40
2011 KC 14 0 0 0 0 1 1 1 0 .500 67 15.1 12 1 11 0 0 13 1 0 8 8 4.70 1.50
2012 13 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 73 13.1 19 0 13 0 0 13 1 0 14 10 6.75 2.40
2013 TOR 10 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 43 10.1 8 1 5 0 0 12 0 0 1 1 0.87 1.26
2014 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 21 3.1 8 0 3 0 2 4 0 0 4 4 10.80 3.30
MIL 29 0 0 0 0 1 1 0 6 .500 114 28.2 27 1 7 2 0 25 1 0 6 6 1.88 1.19
'14計 32 0 0 0 0 1 1 0 6 .500 135 32.0 35 1 10 1 1 29 1 0 10 10 2.81 1.41
2015 72 0 0 0 0 5 0 0 23 1.000 285 68.0 64 5 22 5 3 67 4 2 22 20 2.65 1.27
2016 47 0 0 0 0 2 2 27 0 .500 190 44.2 45 2 11 3 4 35 0 0 13 11 2.22 1.25
TEX 12 0 0 0 0 1 0 0 6 1.000 51 13.1 10 0 7 0 0 7 3 0 4 4 2.70 1.28
'16計 59 0 0 0 0 3 2 27 6 .600 241 58.0 55 2 18 3 4 42 3 0 17 15 2.33 1.26
2017 39 0 0 0 0 1 2 0 4 .333 183 40.2 49 8 19 2 2 29 3 0 25 24 5.31 1.67
MIL 22 0 0 0 0 4 0 0 4 1.000 112 24.2 24 2 15 2 0 22 3 0 10 10 3.65 1.58
'17計 61 0 0 0 0 5 2 0 8 .714 295 65.1 73 10 34 4 2 51 6 0 35 34 4.68 1.64
2018 73 0 0 0 0 8 1 15 18 .889 317 76.2 49 5 27 4 1 89 4 0 12 11 1.29 0.99
MLB:9年 344 0 0 0 0 25 7 43 61 .781 1480 349.0 323 25 146 19 12 324 21 2 123 112 2.89 1.34
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 41(2010年 - 2012年)
  • 33(2013年 - 2014年途中)
  • 21(2014年途中 - 2016年途中)
  • 23(2016年途中 - 2017年7月30日)
  • 32(2017年8月2日 - 2019年)

脚注[編集]

  1. ^ 2016年9月5日にライアン・コーデル英語版と発表されている。[12]

出典[編集]

  1. ^ Jeremy Jeffress Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年9月5日閲覧。
  2. ^ Explaining Crew Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  3. ^ Prospect Smackdown: Craig Kimbrel vs. Jeremy Jeffress Minor League Ball
  4. ^ Jeremy Jeffress Statistics and History Baseball-Reference.com
  5. ^ Adam McCalvy (2010年12月19日). “Brewers add Greinke in deal with Royals” (英語). MLB.com. 2017年8月1日閲覧。
  6. ^ Dick Kaegel (2012年11月8日). “The Royals trade pitcher Jeremy Jeffress to the Blue Jays” (英語). MLB.com. 2017年8月1日閲覧。
  7. ^ “Blue Jays promote Bush” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2013年4月6日), http://m.bluejays.mlb.com/news/article/44041786/blue-jays-promote-bush/ 2017年8月1日閲覧。 
  8. ^ “Blue Jays Select RHP Marcus Walden” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2014年4月5日), http://m.bluejays.mlb.com/news/article/71043770/blue-jays-select-rhp-marcus-walden/ 2017年8月1日閲覧。 
  9. ^ “Blue Jays roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Toronto Blue Jays), (2014年4月15日), http://m.bluejays.mlb.com/news/article/72143620/blue-jays-roster-moves/ 2017年8月1日閲覧。 
  10. ^ Adam McCalvy (2014年4月18日). “Former first-rounder Jeffress returns to Brewers” (英語). MLB.com. 2017年8月1日閲覧。
  11. ^ Adam McCalvy (2014年7月21日). “Clean, sober and matured, Jeffress back with Crew” (英語). MLB.com. 2017年8月1日閲覧。
  12. ^ Adam McCalvy (2016年9月5日). “Brewers acquire Cordell to cap Deadline trade” (英語). MLB.com. 2016年9月6日閲覧。
  13. ^ http://espn.go.com/mlb/story/_/id/17194805/jonathan-lucroy-acquired-texas-rangers-milwaukee-brewers
  14. ^ 【MLB】レンジャーズ救援右腕が飲酒運転で逮捕、MLBも調査を開始”. iSM (2016年8月27日). 2016年11月6日閲覧。
  15. ^ Adam McCalvy (2017年7月31日). “Crew re-acquires Jeffress from Texas” (英語). MLB.com. 2017年8月1日閲覧。
  16. ^ Adam McCalvy (2019年9月1日). “Brewers designate Jeffress among moves” (英語). MLB.com. 2019年9月3日閲覧。
  17. ^ Anthony Franco (2019年9月1日). “Brewers To Release Jeremy Jeffress” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年9月3日閲覧。
  18. ^ Jeremy Jeffress Statistics and History”. Baseball Reference.com. 2016年8月4日閲覧。
  19. ^ Jeremy Jeffress Pitch Data”. The Baseball Cube. 2016年8月5日閲覧。
  20. ^ Padres Should Acquire Jeremy Jeffress

関連項目[編集]

外部リンク[編集]