ジェルミナル・ピエール・ダンドラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンドラン

ジェルミナル・ピエール・ダンドランGerminal Pierre Dandelin[1]1794年4月12日 - 1847年2月15日[1])は、フランス系ベルギー人数学者[2]物理学者[1]

フランスブールジュ出身[1]エコール・ポリテクニーク卒業[1]

功績としては、ベルギーの統計学者アドルフ・ケトレーと共に、ダンドラン球面英語版を用いて円錐曲線と円錐の内接球との関係を発見したことが挙げられる。古代ギリシアの数学者は円錐曲線について非常に多くを知っていたが、この関係に気づかなかったとされ、特筆に値するという見解がある[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「世界数学者人名事典」 ダンデリン、1996年 大竹出版 p.301 - JLogos
  2. ^ a b 「数学辞典 (普及版)」 ダンドラン, ジェルミナル・ピエール、2011年 朝倉書店 p.286

外部リンク[編集]