ジェリー・ペニャロサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェリー・ペニャロサ
Gerry Penalosa.jpg
基本情報
本名 ジェロニモ・ペニャロサ
通称 ジェリー
階級 スーパーフライ級
バンタム級
身長 163cm
リーチ 165cm
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 (1972-08-07) 1972年8月7日(44歳)
出身地 ネグロス・オクシデンタル州サン・カルロス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 65
勝ち 55
KO勝ち 37
敗け 8
引き分け 2
テンプレートを表示

ジェロニモ・"ジェリー"・ペニャロサGeronimo "Gerry" Penalosa、男性、1972年8月7日 - )は、フィリピンプロボクサー日本では川島郭志を破ったことや徳山昌守と2度の激闘を繰り広げたことで知られる。

フィリピンではペニャロサ三兄弟の三男として知られている。長兄のドディ・ボーイ・ペニャロサはIBF世界ライトフライ級・フライ級の2階級制覇を達成し、次兄のジョナサン・ペニャロサもフライ級での世界挑戦経験がある。また、父親のカール・ペニャロサも藤猛OBF東洋スーパーライト級王座に挑戦した経験のある元ボクサーである。

来歴[編集]

1989年5月20日、デビュー戦を5RKO勝ちで飾る。

1990年1月18日、空位のIBFインターコンチネンタルライトフライ級王座を獲得。

1992年8月1日、フィリピンバンタム級王座を獲得。

世界王座獲得[編集]

1997年2月20日、両国国技館WBC世界スーパーフライ級チャンピオンの川島郭志ヨネクラ)に指名挑戦者として対戦。一進一退の攻防を繰り広げ、2-1の僅差の判定で川島を下し世界王座獲得に成功する。川島はこの試合後に眼疾が発覚し、引退を余儀なくされる。

王座獲得後は鬼塚勝也と接戦を演じた李承九との対戦を含む3度の防衛に成功するが、1998年8月27日に韓国の曺仁柱に1-2の判定で敗れ王座陥落。

世界王座陥落後[編集]

王座陥落後しばらく試合から遠ざかる。1999年6月5日の再起戦は、NABA北米スーパーフライ級タイトルがかかった試合であった。ペニャロサはこれに2RKOで勝利し、再び世界へと挑戦することになる。

2000年1月2日、指名挑戦者として曺仁柱とのリターンマッチに臨む。しかし結果はまたも1-2の僅差判定負け。その後も世界王座復帰を目指しリングに上がり2001年5月にはマニラでの世界前哨戦で山口圭司木村)に1RKO勝ち。

徳山との対戦[編集]

当時長期政権を築いていた徳山と2度に渡って戦い、いずれも微妙な判定で敗れている。なお、ペニャロサは2度ともランキング1位の指名挑戦者であった。

世界王座復帰[編集]

2007年8月11日、WBO世界バンタム級タイトルマッチに出場し、王者ジョニー・ゴンサレスと対戦。大方の予想はゴンザレス有利に傾いていたが、周囲の予想に反し7RTKOでペニャロサが勝利。世界王座転落から9年後、35歳で2階級制覇を達成した。

2009年4月25日、バンタム級王座を保持したまま(試合後王座を返上)、WBO世界スーパーバンタム級王者ファン・マヌエル・ロペスに挑戦。これまで世界戦を全て1Rで終わらせているロペスに対し、圧倒されながらも懸命に反撃するが、9R終了時点で棄権しTKO負けとなった。

2010年2月13日、WBO世界バンタム級暫定王座決定戦でエリック・モレルと対戦し、12回判定負けで王座獲得ならず[1]

現役引退[編集]

2010年10月10日、フィリピン、サンボアンガシティでヨドサエンケン・キャットマンミー(タイ)と対戦し、4回1分49秒TKO勝利を飾り、試合後に現役引退を発表した[2]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ドネア、モンティエルとも圧勝 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年2月15日
  2. ^ 38歳ペニャロサ、65戦目で引退 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年10月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
川島郭志
第14代WBC世界スーパーフライ級王者

1997年2月20日 - 1998年8月27日

次王者
曺仁柱
前王者
ジョニー・ゴンサレス
第14代WBO世界バンタム級王者

2007年8月11日 - 2009年6月(返上)

空位
次タイトル獲得者
フェルナンド・モンティエル