ジェリー・ジェモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェラルド・ジェリー・ジェモット (Gerald Joseph Stenhouse "Jerry" Jemmott、1946年3月22日 - ) はアメリカのベーシスト。セッション・ベーシストとして、ソウルR&Bジャズを中心に幅広いジャンルのレコーディングで活躍した。 愛称は Gerald "Fingers" Jemmott, "the Groovemaster", である。アトランティック・レーベルのレコーディングにも数多く参加しているといわれ、ジェームス・ジェマーソンやチャック・レイニーと並ぶ著名なベーシストとして活動した。

来歴[編集]

ジェモットはニューヨーク市ブロンクス に生まれ、10歳でポール・チェンバースに衝撃を受け、アップライトベースを始める。12歳でセッション・ベーシストとして活動を始め、サックス奏者キング・カーティスに発見されてエレキ・ベースに移行、特に60年代後半から70年代前半にかけて、R&B、ソウル、クロスオーバーなどの分野で活躍した[1]レイ・チャールズ[2]アレサ・フランクリン[3]ウィルソン・ピケット[4]ロバータ・フラックラスカルズ、マージー・ジョセフ、BBキングフレディー・キングチャック・ベリーデュアン・オールマンオーティス・ラッシュマイク・ブルームフィールドハービー・ハンコック、フレディー・ハバード、レス・マッキャン、エディー・ハリス、 ジョージ・ベンソンアーチー・シェップ、ライオネル・ハンプトン、ハービー・マンなどのレコーディングで活躍する。 "Mr. Bojangles"とB.B.キングの『スリル・イズ・ゴーン』のオリジナル・ベースラインは彼によるものである。

1975年、映画と芝居のアレンジャー兼コンダクターであるジョン・ウィリアムズと仕事。1985年、ジャコ・パストリアスの教材ヴィデオModern Electric Bassをリリース。

2001年、 ベースマガジン / ニューヨークベースコレクレィブ'Life Time achievement賞、Richard Davis Foundation For Young Bass playersでChairman of the Electric Bass Departmentを受賞。ジャコ・パストリアス、ベティー・ミドラー等が彼を最も影響力の強いベース・プレイヤーと名乗っている。P-Vine レコードからソロアルバムをリリース。"Jerry Jemmott & Souler Energy"として"Cool Groove"をリリース、インプロヴィゼーションのクリニックとワークショップで教えている。

2009年には、グレッグ・オールマンアンド・フレンズ ("Gregg Allman & Friends") に加入した。

関連項目[編集]

略歴[編集]

  1. ^ http://www.allmusic.com/artist/jerry-jemmott-mn0000335090
  2. ^ 「我が心のジョージア」などがヒット
  3. ^ 代表曲は「小さな願い」など。レディ・ソウルと呼ばれた
  4. ^ 「ダンス天国」などが代表曲

外部リンク[編集]