ジェラルド・デュ・モーリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sir サー
Gerald du Maurier
ジェラルド・デュ・モーリエ
GeraldDM1205 228x390.jpg
生誕Gerald Hubert Edward Busson du Maurier
ジェラルド・フバート・エドワード・バッソン・デュ・モーリエ

(1873-03-26) 1873年3月26日
イングランドロンドンハムステッド
死没1934年4月11日(1934-04-11)(61歳)
イングランド、ロンドン、ハムステッド
職業俳優
活動期間1900年以前 - 1934年
ジョージ・デュ・モーリア、エマ・ワイトウィック
1911年、ARクイントン画のロンドンのハムステッドにあるキャノン・ホール。1916年から一家が住み、デュ・モーリエはここで亡くなった。

サー・ジェラルド・ヒューバート・エドワード・バッソン・デュ・モーリエ (Sir Gerald Hubert Edward Busson du Maurier, 1873年3月26日–1934年4月11日) は、イギリスの俳優、マネージャー。作家ジョージ・デュ・モーリアの息子でシルヴィア・ルウェリン・デイヴィスの弟。1902年、女優ミュリエル・ビューモントと結婚し、作家アンジェラ・デュ・モーリエ(1904年 – 2002年)、ダフニ・デュ・モーリエ(1907年 – 1989年)、画家ジャン・デュ・モーリエ(1911年 – 1996年)をもうけた[1]。繊細で自然体の演技に定評があった[2]。『タイム』誌の死亡記事には「家柄から信頼がおけるが、自身の才能がそれをも越えていた」と記された。

生い立ち[編集]

1907年、『バニティ・フェア』誌にスパイが描いたデュ・モーリエ

1873年、ロンドンのハムステッドに生まれ、ヒース・モント・スクールに通学し[3]ハーロー校に進学した。当初ビジネスをやりたかったが、俳優に変更した。最初の役は、父の友人でガリック・シアターを経営していたジョン・ヘアの口利きによる、シドニー・グランディ脚本の『An Old Jew 』の端役であった。

ジェームス・マシュー・バリー[編集]

1900年より以前、1895年の父の人気作『トリルビー』にハーバート・ビアボム・トゥリーと共演するなど多くの端役を演じていた。1902年、『あっぱれクライトン』のアーネスト役、1904年12月27日からの『ピーター・パンあるいは大人になりたがらない少年』デューク・オブ・ヨークス・シアター初演のジョージ・ダーリング役とフック船長の2役など、ジェームス・マシュー・バリーの戯曲で大役を演じて称賛を受けたことから人気が上がった。なお、フック船長役はシーモア・ヒックスが断った役であった。バリーの戯曲では『おい、ブルータス』にも出演した。

デュ・モーリエの甥にあたる、妹シルヴィアの息子たちピーター・パンなどバリーのフィクションの少年たちに着想を与えた。『ピーター・パン』に登場するウェンディ・ダーリングのミドル・ネームはデュ・モーリエの長女アンジェラからウェンディ・モイラー・アンジェラ・ダーリングと名付け、その後アンジェラは舞台でウェンディ役を演じた。

ウィンダム・シアター[編集]

1910年から1925年、フランク・カーソンと共にウィンダム・シアターを共同経営し、その後セント・ジェームス・シアターを経営した。またActors' Orphanage の会長を務めた。1922年、人気が盛り上がり下級勲爵士を受け、人生を通して俳優を続けた。後年、『キャンバー卿の貴婦人たち英語版』(1932年)の医師役、『空襲と毒瓦斯英語版』(1933年)のドイツ人医師役、『カザリン大帝英語版』(1934年)の従者役、癌と診断される直前の『武器なき戦ひ英語版』Wessensee役など映画に出演していた。

タバコ「デュモリエ」[編集]

日常的に喫煙しており、彼の名に因んだタバコのブランド「デュモリエ」が発売された。これにより未払いの税金を支払うことができた[4]。ちなみにデュ・モーリエ自身はデュモリエを喫煙しなかった。

慈善事業[編集]

1914年から亡くなるまで、Actors' Orphanage Fund(現Actors' Charitable Trust)の会長を務め、その後ノエル・カワードが引き継いだ。

死去[編集]

1934年、ハムステッドにある自宅キャノン・ホールにて大腸癌で亡くなった。現在キャノン・ホールにはブルー・プラークが掲げられている[5]。娘ダフニは葬儀への出席を拒否したが[1]、死の直後に伝記『Gerald: A Portrait 』を出版した。

主な出演歴[編集]

脚注[編集]

脚注
  1. ^ a b Conradi, Peter J (2013年3月1日). “Women in love: The fantastical world of the du Mauriers”. ft.com. http://www.ft.com/intl/cms/s/2/4d0dc798-7f6e-11e2-97f6-00144feabdc0.html#axzz2MMsDkPDc 2013年3月3日閲覧。 
  2. ^ Britannica 2005
  3. ^ Gerald: A Portrait, Daphne du Maurier, Doubleday, Doran & Company, 1935 Google Books
  4. ^ Du Maurier Cigarettes”. www.dumaurier.org. 2017年2月5日閲覧。
  5. ^ Gerald du Maurier - Blue Plaque”. openplaques.org. 2013年11月22日閲覧。
参考文献
  • Sir Gerald du Maurier, Actor, Manager and Producer, Obituary, The Times, 12 April 1934
  • James Harding, "Du Maurier, Sir Gerald Hubert Edward Busson (1873–1934)", Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, 2004 accessed 10 Sept 2007

外部リンク[編集]