ジェラルド・ダルマナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェラルド・ダルマナン(仏:Gérald Darmanin 1982年10月11日 - )は、フランス政治家。2020年から内相を務める。

経歴[編集]

ノール県ヴァランシエンヌ生まれ。リール政治学院卒業。ノール=パ・ド・カレー地域圏議会議員(2010年 - 2012年)、ノール県選出国民議会議員(2012年 - 2016年)、トゥルコワン市長、リール・メトロポール議会第4副議長(2014年)、オー=ド=フランス地域圏議会第2副議長(2016年)、行動・公会計大臣(2017年 - 2020年)を歴任した[1]

スキャンダル[編集]

2017年、ダルマナンに対し裁判への助力を求めた女性が、見返りに性的行為を強要されたとして告訴。2018年には、警察に被害届を出して再捜査が行われた[2]。2020年7月6日、エマニュエル・マクロン大統領がダルマナンを内相に任命した際には、フェミニストらによる複数の抗議デモが行なわれた[3]

その他[編集]

  • 2020年8月、フランス憲兵隊が、トップレス日光浴をしていた女性に服を着るように注意。このことが女性の権利を侵害するものとして批判が声が高まった。最終的に憲兵隊のトップであるダルマナンがフェイスブックを通じて「自由は貴重なものだ。犯した間違いを当局が認めるのは当然のことだ」との声明を発表して事態の鎮静化を行った[4]

脚注[編集]

  1. ^ ジェラルド・ダルマナン内務大臣”. フランス大使館 (2020年). 2020年7月15日閲覧。
  2. ^ 仏公会計相にレイプ疑惑、期待の若手 マクロン政権からは擁護の声”. AFP (2018年1月29日). 2020年7月15日閲覧。
  3. ^ マクロン氏、レイプ疑惑の内相任命を擁護 仏各地で抗議デモ”. AFP (2020年7月15日). 2020年7月15日閲覧。
  4. ^ 仏内相、トップレス日光浴の「貴重な」権利を擁護”. AFP (2020年8月26日). 2020年10月9日閲覧。