ジェブ・ブッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・エリス・"ジェブ"・ブッシュ
John Ellis "Jeb" Bush
Jeb Bush by Gage Skidmore 2.jpg
生年月日 (1953-02-11) 1953年2月11日(64歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ミッドランド
出身校 テキサス大学オースティン校
前職 テキサス商業銀行従業員
所属政党 共和党
配偶者 コルンバ・ブッシュ
親族 プレスコット・ブッシュ(祖父)
ジョージ・H・W・ブッシュ(父)
ジョージ・W・ブッシュ(兄)
ジョージ・P・ブッシュ(長男)
サイン Jeb Bush Signature.svg

当選回数 2回
在任期間 1999年1月5日 - 2007年1月2日

Flag of Florida.svg フロリダ州商務長官
在任期間 1987年1月6日 - 1988年9月9日
テンプレートを表示

ジョン・エリス・"ジェブ"・ブッシュ(John Ellis "Jeb" Bush、1953年2月11日 - )は、アメリカ合衆国政治家フロリダ州知事(第43代)。アメリカ新世紀プロジェクト会員。所属政党は共和党。父は第41代アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュ、兄は第43代大統領のジョージ・W・ブッシュ

通称の「ジェブ」は、フルネームの頭文字(John Ellis Bush)に由来する[1]

生い立ち[編集]

1964年、ヒューストンで撮影されたブッシュ一家

1953年テキサス州ミッドランドに生まれ、1959年ヒューストンに移り住む[2]

1959年フィリップス・アカデミーに入学[3]。学校ではテニス部のキャプテンをしていたが、学業の成績は悪く、時折マリファナを吸引するなどの面も見られた[4]。17歳の時に、学生交流の一環としてメキシコレオンの学校で英語の講師を務めた[5]。また、メキシコ滞在中に妻となるコルンバ・ガルニカ・ギャロと出会い[6]1974年2月23日に結婚した[7]

1971年、フィリップス・アカデミーを卒業し、テキサス大学オースティン校に入学[8]。大学ではラテンアメリカ文学を専攻し、2年半の課程を修了して1973年に卒業した[9]

大学卒業後、テキサス商業銀行に入行[10]1977年11月に、新設されたベネズエラカラカス支店の支店長に就任した[11]

1980年アメリカ合衆国大統領選挙では、立候補した父の選挙スタッフとして活動した。選挙戦終了後、ブッシュ一家はフロリダ州へ移り住む。移住後、ジェブはキューバ移民でコンピュータ関連事業で財を成したアルマンド・コディーナ英語版と共に不動産業を始める[12]。最終的に不動産会社は南フロリダ有数の大手企業に成長し、ジェブは共同経営者として企業利益の40%を報酬として得ていた[13]

フロリダ州での政治活動[編集]

商務長官[編集]

1980年代にマイアミ・デイド郡共和党議長に就任し、政治家としての活動を始める[14][15]1986年のフロリダ州知事選挙では共和党候補のボブ・マルティネス英語版の当選に尽力し、その見返りとして1987年1月6日にフロリダ州商務長官に任命された[15]。在任中はキューバ人亡命者を擁護してキューバへの禁輸措置を支持した[16]が、1988年アメリカ合衆国大統領選挙で再び父の選挙スタッフを務めるために、商務長官を辞任した[14]

1990年、キューバ系移民のイリアナ・ロス・レイティネンのキャンペーンマネージャーを務めた[17]

州知事[編集]

2004年5月17日、フロリダ州でのアースデイのイベントに参加するジェブ

1994年、フロリダ州知事選挙に出馬するが、討論会でのアフリカ系アメリカ人についての発言が波紋を呼び、得票率が伸び悩み落選した[18][19]。落選後はヘリテージ財団の役員を務め、コディーナとの共同経営を続けると同時に、実業家のT・ウィリアム・フェアと共にフロリダ州初のチャーター・スクール設立に尽力した[20]

1998年に知事選に再出馬。55.3%の得票を獲得し、民主党候補のバディ・マッケイ英語版を破り当選し、1999年1月5日に就任した[19]。ジェブはヒスパニック系住民の61%の支持を集めたが、1994年の選挙時の発言が尾を引き、アフリカ系アメリカ人からは14%の支持しか得られなかった[21]2002年の州知事選では56%の得票を獲得し、民主党候補のビル・マクブライト英語版を破り再選。2002年の選挙ではユダヤ人住民の44%の支持を集め、女性票も多く獲得したが、アフリカ系アメリカ人の支持は8%に留まり、1998年の選挙時を大きく下回った[22]

ジェブは、2007年に退任するまで終始高水準の支持率を維持した。在任中は後に全米で広がることになる2005年正当防衛法英語版の制定や1999年のアファーマティブ・アクションの廃止、兄ブッシュがテキサス州知事時に定めた上位10%法英語版と似た上位20%法英語版の制定などを行った。

就任後、ジェブはフロリダ州の教育改革のために「A+プラン」を策定し、フロリダ州の学校の試験を段階的に厳しい基準に移行させた。この結果、2005年までの間に、学生の教育における国立評価で、フロリダ州の学生のスコアは11ポイント増加した[23]。また、教育バウチャーとチャーター・スクールの普及にも熱心で、学習障害のある学生の修学を援助するためにマッケイ奨学金制度とA+機会奨学金制度を新設したが、私立学校への制度導入が「政教分離原則に反する」として反発を呼び(アメリカの私立学校は大半が宗教学校である)、2006年に裁判所によってこの制度は無効とされた[23]

2004年9月19日、ハリケーン・アイバンによる被害状況を視察するジョージ(左から3人目)とジェブ(左から2人目)

また、医療改革にも着手し、インターネット上で病院の感染症や合併症の治療結果を公表する法案を可決させた[24]。一方、同性愛中絶には反対の立場を示し、10代女性の中絶には親の同意を必要とする法案を支持し、強姦被害を受け妊娠した女性の胎児には、新たに保護者を任命することを要求した[25][26]

2000年アメリカ合衆国大統領選挙において、フロリダ州における票の再集計を民主党候補のアル・ゴアが求めて訴訟を起こし、州の最高裁判所はゴアの要求を認めたが、ジェブは再集計について消極的な姿勢を示し、合衆国最高裁判所もゴアの要求を却下した(ブッシュ対ゴア事件[27]。合衆国最高裁の決定により、兄ジョージ・W・ブッシュの当選が確定。2004年アメリカ合衆国大統領選挙でもフロリダで票を巡って疑惑が浮上していた。

2015年3月14日、州知事時代に個人用メールアドレスを使用して治安情報のやり取りを行っていたことが発覚した。ジェブは国務長官時代に同様の問題を起こしたヒラリー・クリントンを批判していたが、ジェブの側近は「機密情報は含まれておらず、メールでやり取りされた内容の大半は報道されたもの」と反論している[28]

経済活動[編集]

2006年5月、NFLコミッショナー候補として名前が挙がったが、「州知事の職務に専念したい」として辞退し、代わってロジャー・グッデルがコミッショナーに就任した[29][30]

2007年4月、テネット・ヘルスケア英語版の役員に就任し、5月にはプライベート・エクイティ・ファンドの相談役としてリーマン・ブラザーズの経営に参加した[31][32]。また、同時期にイノヴィダ英語版スウィッシャー衛生英語版レイオニア英語版の役員とバークレイズの顧問を務め[33]、イノヴィダが経営破綻した際にはコンサルタント料として受け取っていた27万ドルを返却している[34]

2012年から2015年にかけてバーバラ・ブッシュ財団の共同理事長を務めていた[35]

上院議員選挙[編集]

2008年メル・マルティネス英語版の引退宣言を受け、2010年アメリカ上院議会議員選挙にフロリダ州からの出馬を検討した[36]が、2009年1月に不出馬を表明し、代わって立候補したマルコ・ルビオを支持した[37]

大統領選挙[編集]

2015年6月15日、大統領選挙への出馬を表明するジェブ

2012年アメリカ合衆国大統領選挙において、マイノリティの支持で劣勢に立たされたミット・ロムニーが現職バラク・オバマに敗れたことから、2016年アメリカ合衆国大統領選挙で3連敗を回避して政権奪還が課題の共和党では知名度・実績に加え、夫人がヒスパニックでマイノリティの支持が期待できるジェブの待望論が挙がり、当初は世論調査でも共和党候補では支持率1位を獲得していた[38][39]

2014年10月2日には、兄ジョージが「弟は大統領になりたがっている」と発言し、ジェブに出馬を促した[40]が、ジェブの広報担当は「彼は大統領候補ではなく実業家」とコメントしていた[41]。12月16日、自身のFacebookで2016年大統領選挙への出馬を事実上表明し、2015年1月には政治活動委員会を立ち上げた[42]。また、大統領選挙に向けてパレオダイエットを実践し、減量に成功した[43]。5月31日にはCBSの番組で、過激派組織ISILに対するオバマ政権の姿勢を批判し、空爆目標の選定やイラク軍の訓練のためにアメリカ軍をイラクに派遣するべきと発言した[44]。なお、ジェブは中東イスラエル政策の最高顧問に兄ジョージを任命している[45]

6月15日、フロリダ州で開かれた集会で2016年大統領選挙への出馬を正式表明した[46]共和党予備選挙開始後は兄ジョージが応援に駆け付けるなど選挙戦を展開したものの支持率が伸び悩み[47][48]2016年2月20日に大統領選挙からの撤退を表明した[49]

人物[編集]

2005年のブッシュ家(前列右端がジェブ)

政治家としてのキャリアは兄ジョージに遅れをとっているが、政治手腕は兄よりも優れていると評価されており、「ブッシュ家の最高傑作」と言われている[50]。政治的には穏健派とされており、そのためティーパーティー運動などの保守強硬派からは批判を受けることもある[51]

妻コルンバとの間に2男1女をもうけ、3人の孫がいる[52]。長男(第1子)のジョージ・P・ブッシュ英語版は2014年にテキサス州土地管理局長官に就任している[53]。コルンバがメキシコ人であるためスペイン語にも堪能であり[50]、公式の記者会見は英語・スペイン語の両方で行っている。次男(第3子)は、自身と同姓同名の「ジェブ・ブッシュ」と命名されたため、ジェブ・ブッシュ・ジュニア英語版となっている。

信仰している宗教はカトリック。元々は米国聖公会の信者だったが、1995年に改宗した[54]。また、2004年にはコロンブス騎士団英語版の第4騎士になった[55]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.biography.com/people/jeb-bush-201294
  2. ^ Florida Governor Jeb Bush”. National Governors Association. 2014年5月5日閲覧。
  3. ^ Jeb Bush gives Andover kids Republic insight”. Boston.com. 2014年5月5日閲覧。
  4. ^ Kranish, Michael (2015年2月1日). “Jeb Bush shaped by troubled Phillips Academy years”. Boston Globe. http://www.bostonglobe.com/news/politics/2015/02/01/tumultuous-four-years-phillips-academy-helped-shape-jeb-bush/q6ccyHNOtP1n6kqDokMBfK/story.html?rss_id=Top-GNP&google_editors_picks=true 2015年1月31日閲覧。 
  5. ^ Guevara-Castro, Lillian (1999年5月5日). “Florida's First Lady: Columba Bush settles into life in the governor's mansion”. Ocala Star-Banner (Ocala, Florida). https://news.google.com/newspapers?nid=1356&dat=19990505&id=CEAxAAAAIBAJ&sjid=7QgEAAAAIBAJ&pg=6802,1531897&hl=en 2015年4月25日閲覧. "Columba Garnica Gallo was 16 and John Ellis "Jeb" Bush was 17 when they met in the central Mexican town of Lewn. Jeb was teaching English and helping to build a school as an exchange student from Phillips Academy, a prestigious prep school in Andover, Mass." 
  6. ^ Hispanic consciousness lends weight to Jeb Bush as GOP eyes 2016 presidential race”. The Washington Post (2013年4月24日). 2015年2月9日閲覧。
  7. ^ Gedda, George (2001年2月14日). “Bush has hemisphere on brain”. Laredo Morning Times. http://airwolf.lmtonline.com/news/archive/021401/pagea8.pdf 2006年10月21日閲覧。 
  8. ^ McCrimmon, Ryan (2015年3月17日). “In Texas, a Focused Jeb Bush Stood Out From the Crowd”. The Texas Tribune. http://www.texastribune.org/2015/03/17/jeb-bush-texas-years/ 2015年4月16日閲覧。 
  9. ^ Kelley, Kitty. The Family: The Real Story of the Bush Dynasty, p. 404 (Doubleday, 2004).
  10. ^ Jeb Bush followed the family game plan: Earn your fortune, then run for public office. A vast network of deals made it possible.”. St. Petersburg Times. 2014年5月5日閲覧。
  11. ^ Manuel-Roig Franzia (2013年4月24日). “Hispanic consciousness lends weight to Jeb Bush”. The Washington Post. 2015年4月25日閲覧。
  12. ^ Zweigenhaft, Richard and Domhoff, G. William. Diversity in the Power Elite: How it Happened, Why it Matters, p. 149 (Rowman & Littlefield 2006).
  13. ^ Swasy, Alecia and Trigaux, Robert. "Make the Money and Run", St. Petersburg Times (September 20, 1998).
  14. ^ a b Kyle Pendergast (2008年11月19日). “Where are they now? Jeb Bush”. Houston Chronicle. 2015年4月25日閲覧。
  15. ^ a b Date, S.V. Jeb, p. 223 (Penguin, 2007).
  16. ^ Eder, Steve; Barbaro, Michael (2015年2月14日). “As Dynasty’s Son, Jeb Bush Used His Connections Freely”. New York Times. http://www.nytimes.com/2015/02/15/us/politics/as-dynastys-son-jeb-bush-used-his-connections-freely.html 2015年2月15日閲覧。 
  17. ^ Adams, David and Simon, Stephanie. "Jeb Bush: Party elder statesman or 2016 candidate?", Reuters (June 25, 2012).
  18. ^ Aberbach, Joel and Peele, Gillian. Crisis of Conservatism?: The Republican Party, the Conservative Movement, and American Politics After Bush, p. 189 (Oxford University Press, 2011).
  19. ^ a b Listening Jeb Bush”. The Economist (1998年10月15日). 2013年5月29日閲覧。
  20. ^ MacGillis, Alec (2015年1月26日). “Testing Time: Jeb Bush's Educational Experiment”. New Yorker. http://www.newyorker.com/magazine/2015/01/26/testing-time 2015年2月1日閲覧。 
  21. ^ Nia-Malika Henderson (2014年12月15日). “Jeb Bush did really well with Latinos in Florida”. The Washington Post. 2015年4月28日閲覧。
  22. ^ Stewart, Russ. Will Iraqi Victory convert Jews to GOP?, Russ Stewart, April 16, 2003. Retrieved June 14, 2008.
  23. ^ a b Governor Jeb Bush: A Record of Leadership and Policy Accomplishment”. Washington Policy Center. 2015年4月28日閲覧。
  24. ^ [1] STATE LEGISLATION & INITIATIVES ON HEALTHCARE-ASSOCIATED INFECTIONS, Updated October 2011
  25. ^ Knickerbocker, Brad. February 28, 2015. Is Jeb Bush 'evolving' on same-sex marriage and other gay rights issues?. The Christian Science Monitor. Retrieved: 19 April 2015.
  26. ^ Scott Conroy (2014年4月8日). “Could Jeb Bush Win Over the Christian Right in '16?”. RealClearPolitics. 2015年2月20日閲覧。
  27. ^ Getter, Lisa. "Jeb Bush's Recount Role Examined." Los Angeles Times. 2001-07-14. Retrieved 2014-12-06.
  28. ^ “ジェブ・ブッシュ氏も公務に私用メアド、米紙調査で判明”. AFPBB News (AFP). (2015年3月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/3042527 2015年4月25日閲覧。 
  29. ^ Governor Jeb Bush Confirms Discussing His Interest in NFL Commissioner Job”. Fox News. 2015年4月29日閲覧。
  30. ^ “Jeb Bush quashes NFL speculation”. Usatoday.Com. (2006年5月25日). http://www.usatoday.com/news/washington/2006-05-24-bush-tagliabue_x.htm 2009年4月3日閲覧。 
  31. ^ Koenig, David. Jeb Bush joins Tenet Healthcare's board, USA Today, May 10, 2007. Retrieved June 14, 2008.
  32. ^ Wilchins, Dan (2007年8月30日). “Lehman hires Jeb Bush as private equity advisor”. Reuters. http://www.reuters.com/article/fundsFundsNews/idUSN3046902620070830 2009年4月3日閲覧。 
  33. ^ Barbaro, Michael (2014年4月21日). “Jeb Bush’s Rush to Make Money May Be Hurdle”. The New York Times: pp. A1. http://www.nytimes.com/2014/04/21/us/politics/jeb-bushs-rush-to-make-money-may-be-hurdle.html?hp&_r=1 2014年4月28日閲覧。 
  34. ^ Gold, Matea (2015年1月19日). “Timeline: Jeb Bush and InnoVida”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/blogs/post-politics/wp/2015/01/19/timeline-jeb-bush-and-innovida/ 2015年4月6日閲覧。 
  35. ^ Larson, Leslie (2015年1月1日). “Jeb Bush resigns from corporate, nonprofit boards to start 2015 afresh”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/news/politics/jeb-bush-resigns-boards-article-1.2062765 2015年2月12日閲覧。 
  36. ^ Jeb: I am considering Senate run - Carol E. Lee and Jonathan Martin”. Politico.com. 2009年4月3日閲覧。
  37. ^ “CNN.com: Jeb Bush not running for Senate”. Politicalticker.blogs.cnn.com. (2009年1月6日). http://politicalticker.blogs.cnn.com/2009/01/06/jeb-bush-not-running-for-senate/ 2009年4月3日閲覧。 
  38. ^ “「弟ブッシュ氏」首位 米大統領選、共和党有力候補…世論調査で民主・ヒラリー氏に迫る”. 産経ニュース (産経新聞). (2014年5月2日). http://www.sankei.com/world/news/140502/wor1405020005-n1.html 2015年4月29日閲覧。 
  39. ^ “気の早い2016年のアメリカ大統領選挙の話”. WEBRONZA (朝日新聞). (2012年12月13日). http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2012111200013.html 2015年4月25日閲覧。 
  40. ^ Kendall Breitman, George W. Bush: I think Jeb wants it. Politico, 10/2/14.
  41. ^ “弟ブッシュがついに大統領選へ始動?”. ニューズウィーク. (2014年10月20日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2014/10/post-3430.php 2015年4月29日閲覧。 
  42. ^ “ブッシュ前大統領の実弟、事実上の出馬表明 米大統領選”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2014年12月17日). http://www.asahi.com/articles/ASGDK1VVSGDKUHBI002.html 2014年12月23日閲覧。 
  43. ^ “米大統領候補ブッシュ氏が減量成功、秘密は「原始人ダイエット」”. ロイター. (2015年4月23日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0NE00F20150423 2015年4月25日閲覧。 
  44. ^ “対「イスラム国」でイラクに米軍派遣すべき=ジェブ・ブッシュ氏”. ロイター. (2015年6月1日). http://jp.reuters.com/article/jp_islamicst/idJPKBN0OH1CL20150601 2015年6月1日閲覧。 
  45. ^ “One of Jeb Bush's top advisers on Israel: George W. Bush”. ワシントン・ポスト. (2015年5月7日). http://www.washingtonpost.com/politics/one-of-jeb-bushs-top-advisers-on-israel-george-w-bush/2015/05/07/920fec8e-f4da-11e4-bcc4-e8141e5eb0c9_story.html 2015年9月19日閲覧。 
  46. ^ “米共和党のジェブ・ブッシュ氏、大統領選出馬を正式表明”. ロイター. (2015年6月16日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OV2TV20150615 2015年6月16日閲覧。 
  47. ^ “ブッシュ前大統領、弟ジェブ氏の集会に初めて登場 米大統領選”. AFP. (2016年2月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3077115 2016年2月22日閲覧。 
  48. ^ “米共和党、トランプ氏がクルーズ氏引き離し支持率首位=世論調査”. 朝日新聞. (2016年2月18日). http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKCN0VR03C.html 2016年2月21日閲覧。 
  49. ^ “ジェブ・ブッシュ氏、大統領選からの撤退を表明”. AFP. (2016年2月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3077708 2016年2月21日閲覧。 
  50. ^ a b “〈米大統領選〉“ブッシュ家の最高傑作”ジェブ氏は共和党で勝ち残れるのか 上智大学教授・前嶋和弘”. THE PAGE. (2015年1月27日). http://thepage.jp/detail/20150127-00000006-wordleaf 2015年4月29日閲覧。 
  51. ^ Collinson, Stephen and Reston, Maeve (January 28, 2015) - "Jeb Bush's Conservative Evolution". CNN. Retrieved January 28, 2015.
  52. ^ Jeb Bush Welcomes Birth Of New Granddaughter, Vivian Alexandra Columba”. The Huffington Post. 2015年4月29日閲覧。
  53. ^ Associated Press. George P. Bush starts small, shuns idea his name, Hispanic heritage can save GOP in Texas, Washington Post, July 20, 2013.
  54. ^ Jeb Bush, Catholic Convert. Will His Brother Convert?”. Catholic.org. 2012年8月8日閲覧。
  55. ^ President Discusses Compassionate Conservative Agenda in Dallas”. 2012年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ケネス・マッケイ・ジュニア
フロリダ州の旗 フロリダ州知事
1999年1月5日 - 2007年1月2日
次代:
チャーリー・クリスト
党職
先代:
ボブ・マルティネス
フロリダ州知事共和党候補者
1994(落選),1998・2002(当選)
次代:
チャーリー・クリスト