ジェフリー・ホールダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェフリー・ホールダー
Geoffrey Holder
Geoffrey Holder
2008年撮影
本名 Geoffrey Lamont Holder
生年月日 (1930-08-01) 1930年8月1日
没年月日 (2014-10-05) 2014年10月5日(84歳没)
出生地 ポートオブスペイン
トリニダード島
死没地 ニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
ダンサー
声優
演出家
デザイナー
活動期間 1957年 - 2014年
主な作品
007 死ぬのは奴らだ
アニー
チャーリーとチョコレート工場
備考
トニー賞 (1975年)

ジェフリー・ホールダーGeoffrey Holder, 1930年8月1日 - 2014年10月5日)は、ポートオブスペイン出身でアメリカ合衆国俳優声優ダンサー演出家デザイナーである。

来歴[編集]

1930年ポートオブスペイントリニダード島に4人兄弟の一人として生まれた[1]。兄のボスコー・ホールダーはダンサー振付師などで知られている。ジェフリー自身も7歳の頃からダンスを習い始めた[2]1952年振付師アグネス・デ=ミルに見い出され、ニューヨークへ渡米[3]。その後、ニューヨークを拠点とするメトロポリタン・オペラ・バレエ団の主要ダンサーとして1955年から1年間在籍している。また『House of Flowers』という演目のミュージカル舞台ブロードウェイも果たし、俳優としてのキャリアもスタート。

1957年には『Carib Gold』にダンサー役で出演して映画デビュー。1967年には『ドリトル先生不思議な旅』などへも出演。1973年ロジャー・ムーアジェームズ・ボンドを演じた『007 死ぬのは奴らだ』、1982年に映画版の『アニー』などへ出演し、俳優としても認知されるようになった。演技以外にもデザイン演出の分野でも才能を発揮して、1975年には『オズの魔法使い』をオール黒人キャストで描いた『ザ・ウィズ』における衣裳デザインと演出部門の両方でトニー賞を受賞した。どちらの部門においても、黒人でノミネートされたのは彼が初めてであった[4]。またドラマ・デスク・アワード衣裳デザイン賞も受賞した。この公演は1,672回上演された[5]

またそれ以外では独特の声を活かし、ティム・バートン監督によりロアルド・ダールの小説が再映画化された『チャーリーとチョコレート工場』ではナレーターも務めている。

死去[編集]

2014年10月5日ニューヨーク市マンハッタン肺炎により死去[6]。84歳だった。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • Bear in the Big Blue House (1997)
  • Cyberchase (2002, 2003)

ビデオゲーム[編集]

  • Hell: A Cyberpunk Thriller (1995)
  • チャーリーとチョコレート工場 Charlie and the Chocolate Factory (2005)

脚注[編集]

  1. ^ Chris Hardwick Biography”. 2015年2月10日閲覧。
  2. ^ Free to Dancer”. 2015年2月10日閲覧。
  3. ^ Carmen & Geoffrey”. 2015年2月10日閲覧。
  4. ^ Lucy E. Cross. “Geoffrey Holder”. MasterworksBroadway. 2011年11月26日閲覧。
  5. ^ ジェフリー・ホールダー - インターネット・ブロードウェイ・データベース(英語)
  6. ^ Geoffrey Holder Biography”. 2015年2月10日閲覧。

外部リンク[編集]