ジェニー・B.オスルドセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェニー・B.オスルドセン(Jenny Blandina Osuldsen)は、ノルウェーの女性ランドスケープアーキテクトでノルウェーで1989年に結成されたスノヘッタの所属。スノヘッタでランドスケープアーキテクチュア担当デザイナー。代表作品に、オスロのコートヤード“ポルノガーデン”など多数。ライフサイエンスのノルウェー大学(Norwegian University of Life Sciences、NMBU)教授。

ノルウェーの東部要塞都市コングスビンゲル (Kongsvinger生まれ。 1991年にノルウェーの農業大学ランドスケープ学科卒業後、しばらく地元で働いていた。1993年から1994年にかけてフルブライト奨学金でロータリーからの国際親善奨学金を得て、ロサンゼルスに渡り、カリフォルニア工科大学ポモナ校アート学修士課程でランドスケープ学を専攻。1994年、リレハンメルオリンピックでのプロジェクトに従事。 1995年からスノヘッタに参加。 1999年以降はスノヘッタでのランドスケープ分野の業務をリードし、2006年からパートナーとなって、米国でのスノヘッタのプレゼンスを確立するため、ニューヨーク・オフィスでのマネージング・ディレクターに就任。 2011年6月、スイス・チューリヒで開かれたIFLA世界大会でIFLAジェフリージェリコ賞(Cornelia Hahn Oberlanderが選定するSir Geoffrey Jellicoe Award 2011、SGJA)に選ばれた。

参考

  • 「北のランドスケープ:保全と創造」 淺川昭一郎 -環境コミュニケーションズ 2007
  • 「LANDSCAPE DESIGN 特集 北欧のランドスケープデザイン」 マルモ出版 2006年10月号
  • 「スカンジナビアン・スタイル」 2006年秋号 特集 北欧ウォッチ かずさ広告企画株式会社