ジェットスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジェットスキー (Jet Ski) は、川崎重工業モーターサイクル&エンジンカンパニー(カワサキ)が製造している水上オートバイブランド[1]。ジェットスキーは、アメリカ合衆国において「最初に商業的成功を収めた」水上オートバイである[1]

本来は商品名であるが、商標の普通名称化がおきており、例えば、ヤマハ発動機のスーパージェットなど、他社の水上オートバイをジェットスキーと呼ぶこともある。[2]

歴史[編集]

1970年代初頭に、アメリカ人発明家からの提案を受け、当時の川崎重工が製造に乗り出し、1973年に最初の市販モデルJS400がアメリカ合衆国で販売された[3][4]1972年に発売されたとする資料もある[1])。

ジェットスキーがスポーツとして日本に「逆輸入」されたのは1980年で、1984年には日本ジェットスキー協会が設立され、1988年からはプロ選手の認定が始まった[4]。バブル期には「爆発的な人気を呼んでいる」と評されるヒット商品となった[5]

英語の普通名詞としての「jet ski」[編集]

英語において、固有名詞の「Jet Ski」は、カワサキの登録商標であるが、普通名詞としての「jet ski」は小型のレジャー用の水上の乗り物を指す[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Josephson, Paul R. (2007). Motorized Obsessions: Life, Liberty, and the Small-Bore Engine. JHU Press. p. 150. ISBN 9780801886416. https://books.google.com/books?id=MAPeAx-ZjzoC&pg=PA150 2012年8月24日閲覧。. 
  2. ^ TV番組で水上オートバイ全体を「ジェットスキー」と呼んだ例
    • 例1:ドラえもん2015年11月6日放映分「山へ1空へ!乗りものぐつ」。「乗りものぐつ」が水上オートバイになったことを差してのび太が「ジェットスキーにもなるんだね!」と言うカットがある。
    • 例2:世界まる見え!テレビ特捜部2016年5月2日放映分。アメリカであった男性とイルカの絆の話で水上オートバイ全体を指す「ジェットスキー」と言うナレーションやテロップがみられた。
  3. ^ ジェットスキーの歴史 1970年代”. カワサキモータースジャパン. 2016年1月15日閲覧。
  4. ^ a b “[余暇情報]そう快! ジェットスキー 簡単な免許が必要”. 読売新聞・東京朝刊: p. 16. (1988年6月24日). "最高時速五十―六十キロ。エンジンを装備し、スタートボタンとストップボタンで操作する。スピードはハンドル部についたアクセルで調節する。八年前にアメリカから入ったスポーツだが、エンジンを開発したのは日本。十五年前、川崎重工が製作し、向こうで発売した。「アメリカ向きの商品」といわれたが、日本でも海外で体験するなど愛好者が増えたため、逆輸入されたいきさつがある。… 日本ジェットスキー協会 … 四年前に設立された同会の昨年の会員数は五百人。今年は七百人は超えそうという。… 日本では四級小型船舶操縦士以上の免許がいる。… 同協会では今年、初めて十六人のプロを公認した…"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  5. ^ “[会社はいま]川崎重工業 再編合理化で低迷脱出 重厚長大からハイテク産業へ”. 読売新聞: p. 4. (1989年8月31日). "大衆消費財部門では、マリンレジャーブームの影響で、ジェットスキーが爆発的な人気を呼んでいる。「大衆消費財でヒット商品が出ると企業の活力が違ってくる」(松本専務)とジェットスキーにかける期待は大きい。"  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  6. ^ Jet Ski”. Merriam Webster Dictionary. 2016年1月15日閲覧。

外部リンク[編集]