ジェシカ・ラーコーツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェシカ・ラーコーツィ
基本情報
本名 Jessica Rakoczy
通称 The Ragin'
階級 ライト級
国籍 カナダの旗 カナダ
誕生日 (1977-04-14) 1977年4月14日(41歳)
出身地 オンタリオ州ハミルトン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 33
KO勝ち 12
敗け 3
無効試合 1
テンプレートを表示

ジェシカ・ラーコーツィJessica Rakoczy1977年4月14日 - )は、カナダ女性プロボクサー総合格闘家オンタリオ州ハミルトン出身。元WBC女子世界ライト級王者。元WIBA世界ライト級王者。ジェシカ・ラコージーとも表記される。

来歴[編集]

2000年10月21日、デビュー戦をTKOで飾る。

2002年2月17日、レイラ・マッカーターと対戦し、大差判定で勝利。

2003年1月17日、ジェニファー・アルコーンIWBF世界ライト級王座を争うが、微妙な判定で王座獲得に失敗。これが初黒星となる。

2004年2月19日、リサ・ルイスIBA女子世界同級王座を争い、判定で初の世界王座を獲得。

4月15日、ノンタイトルでベテランのミア・セント・ジョンと対戦。大差判定で勝利。翌年2月10日の再戦では2RTKOで返り討ちにした。

4月1日、ベリンダ・ララキュエントとタイトルマッチを行い、判定でIBA王座防衛とともにNABA王座を獲得。

7月21日、ジェーン・カウチWBC女子初代ライト級王座を争い、6RTKOで倒しWBC王座を獲得するとともにIBA2度目の防衛。

9月16日、エリザ・オルソンと防衛戦を行うが、判定により王座陥落。

2006年4月12日、エンジェル・マクナマラを5RTKOで倒し、WIBAインターナショナル王座獲得。

2007年2月22日、ケリー・コファーとWBC王座を争い、5R負傷判定で王座返り咲きを果たした。

9月27日、WBC返り咲きを目指すアン・サクラートにKO負けを喫し再び王座陥落。

2008年2月29日、ララキュエントとNABF王座を争い判定で王座獲得。

2009年4月23日、ララキュエントとノンタイトルながら無効試合を含め4度目の対戦。勝利。

7月16日、Jessica Mohsを3回TKOで降し、この試合を最後にボクサー引退、総合格闘技転向。

2009年10月8日、ミシェル・オールド相手に総合デビューもTKO負け。

2010年に入っても総合では連敗の後、1無効試合と奮わず。

2010年4月15日、Bellator 14でフェリス・ヘリッグと対戦し、1-2で判定負け。

2012年、ボクシング復帰を決意。5月4日、Brittany CruzにTKO勝利して復帰戦を飾る。

9月17日、総合ルールでクリステン・ギャッツと対戦。パンチでKOを決め、総合初勝利。

2013年1月24日、アダ・ベレスとWIBA世界ライト級王座を争い判定で王座獲得。

UFC[編集]

2013年11月30日、UFCデビュー戦となったThe Ultimate Fighter 18 Finaleの女子バンタム級トーナメント決勝でジュリアナ・ペーニャと対戦し、マウントパンチで1RTKO負け。

2015年4月25日、カナダで開催されたUFC 186ヴァレリー・レターノーと対戦し、0-3の判定負け。2連敗となりUFCからリリースされた。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
7 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
1 1 0 0 0 0 1
5 2 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ヴァレリー・レターノー 5分3R終了 判定0-3 UFC 186: Johnson vs. Horiguchi 2015年4月25日
× ジュリアナ・ペーニャ 1R 4:59 TKO(マウントパンチ) The Ultimate Fighter 18 Finale
【女子バンタム級トーナメント 決勝】
2013年11月30日
クリステン・ギャッツ 1R 2:19 KO(パンチ) TPF 14: Validation 2012年9月7日
ジェニファー・スコット 5分2R終了 ノーコンテスト Millennium Events: MMA Xplosion 2010年10月9日
× フェリス・ヘリッグ 5分3R終了 判定1-2 Bellator 14 2010年4月15日
× ゾイラ・フラウスト 2R 1:17 腕ひしぎ十字固め TPF 3: Champions Collide 2010年2月4日
× ミシェル・オールド 2R 1:40 TKO(パンチ) Tachi Palace Fights 1 2009年10月8日

獲得タイトル[編集]

  • IBA世界女子ライト級王座
  • WIBAインターナショナルライト級王座
  • WBC女子世界ライト級王座
  • NABA女子ライト級王座
  • NABF女子ライト級王座
  • WIBA世界ライト級王座

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
創設
初代WBC女子世界ライト級王者

2005年7月21日 - 2005年9月16日

次王者
エリザ・オルソン
空位
前タイトル保持者
アン・サクラート
第4代WBC女子世界ライト級王者

2005年7月21日 - 2005年9月16日

次王者
アン・サクラート